DAIさん帝国

アクセスカウンタ

zoom RSS 松山せいじ先生の生書き込みが見れるのが余部鉄橋だけ!

<<   作成日時 : 2008/09/09 23:01   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

松山せいじ先生の生書き込みが見れるのが余部鉄橋だけ!

松山せいじさんがブログで書かれてるのをみて、なんか自分も触発されて行ってきましたよ、余部鉄橋へ!


ちょうど青春18きっぷが残り2回分余っておりどこに行こうかと悩んでいたのもあったのですが、土日を使ってぶらり乗り鉄ひとり旅にちょうどいいなぁと思い出かけてきました。

余部鉄橋は過去にバイクツーリングで行ったことはあったのですが、鉄路で赴くのはもちろん初めてです。この余部鉄橋、鉄橋としてはかなり有名ですが、老朽化のためにコンクリート橋への掛け替えが決まっているのですよね。鉄道でこの鉄橋を渡れる今のうちに行っておかなければならないという部分も手伝って、かなりワクテカしておりました。

 

 

 

間近でみる余部鉄橋の存在感はやはりすごいモノがあります。ひなびた漁村に不釣り合いな巨大建造物。最新のコンクリート橋の方がもっとすごいモノがあるのは確かなのですが、この橋が100年も前に鉄橋として建てられたというのがまた歴史の重みを感じさせるんですよね。こんな鉄橋をローカル鉄道でガタンゴトンと揺られながら行くなんて、なんとも旅情を刺激されてたまりませんよ。

 

ちなみに今回の旅は、青春18きっぷによる鈍行乗り鉄の旅。東海道線を米原経由で京都まで行き、そこからは山陰本線へ。園部で乗り換え、福知山で乗り換え、豊岡で乗り換え、6時間半ほどかけて城崎温泉まで行きました。

温泉地として名高い城崎温泉ですが、ここはなんとも風情があって良いです。この温泉の良さはやはり外湯の存在ですよね。外湯というのは、まぁ外来用の日帰り入浴施設の温泉銭湯みたいなもんだと思って貰えればいいのですが、この外湯を巡って入るのが風情があって楽しいんですよね。温泉街を流れる川の両岸には柳が植えられており、これまた城崎の風情を高めておりますし、そんな中を散策するのも楽しいモノです。

で、城崎を存分に堪能したあと、再び山陰本線で余部鉄橋まで行くという今回のルートなのでした。

 

しかし、ワンマンの汽動車に揺られながらのローカル鉄道の旅はなんとも心ときめきますよ。鉄旅の良いところは多くありますが、まずは気兼ねなく酒を飲めるというところが良いですね。列車内で駅弁食いながらビールを飲みまくれるのも至福のひとときです。

あと、車やバイクの旅と違って、移動中の時間を自分の時間として有意義に使えるのもいいんですよね。車窓を眺めるのもよし、小説を読む時間に当てるのもよし、寝て過ごすのもよし。時間の無駄遣いを存分に堪能できるのも鉄道旅行の、18きっぷの旅の醍醐味でありましょう。

余部鉄橋を見てからは、これまで来たルートを逆戻りで山陰本線を戻っていこうかとも思ったのですが、同じルートを行くのも味気ない気がしたので、和田山で乗り換えて播但線で姫路方面へ行くことに。姫路で途中下車して散策でもしようかとも思ったのですが、今回は止めて神戸線に乗り換え明石まで行くことにしました。

 

いや、せっかくだから明石焼きが食べたかったので!

地元では玉子焼きというらしいですが、ふわふわの生地にたこが包まれた明石焼きを、だしに付けて食べるという独特のスタイルは面白いモノです。ここでもビールをかっくらいながら明石焼きを堪能しておりました。

あと、明石といえばやはり日本標準子午線ということで、天文科学館にも行って来ました。んで、一人プラネタリウムとしゃれ込んできました。さ、寂しくなんかないんだからねっ!

明石をあとにしてからはひたすらに帰路ということで、米原行き新快速から豊橋行き新快速に乗り継いで帰っていきました。とりあえず、土日の二日間、ひたすら座りっぱなしで、尻の筋肉がだいぶ鍛えられましたよ!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして┏○ペコバイク・ツーリングと検索した時にひっかかってやってきました( ・∀・)アヒャ それにしてもいいですね(笑´w`)ぶらーり一人旅ですか??私はここのところ、休みが無いので、凄く楽しそうで、うらやましい限りです(笑´w`)たまには、のんびり歩いていろんなところ見るのも、いつもは見えないところが見えたりして、いいかもしれませんね(笑´w`)今回私もバイク関連のショッピングサイトを作ってみたので、よかったらお気軽に、いつでも遊びに来てくださいね<(_ _)> http://www.aisty-t.com/
セ・ルーボ2世
2009/08/21 13:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
松山せいじ先生の生書き込みが見れるのが余部鉄橋だけ! DAIさん帝国/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる