DAIさん帝国

アクセスカウンタ

zoom RSS コミティア96、その戦利品と感想

<<   作成日時 : 2011/05/08 23:35   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

5日に開催されたコミティア96に行ってきました。今回は拡大ティアということで東1、2ホールでの開催。ティアマガを見ると、どうも今後はずっと2ホール体制でいくようですが。参加サークル3600ということで、これまでのように全サークルを回ってみるのもそろそろ辛くなってきましたが、盛況なのは喜ばしいこと。GWもあってか、今回のティアは人多かったですしね。

そんなわけで、いつものごとく、個人的備忘録としてのティアでゲットして気に入った同人誌の感想を書いていってみましょう。

『ばちあたりけい!』 Kで会うならば 小沢イネ

今回読んだ本の中でこれがもうダントツの面白さ! というか、ダントツの頭のおかしさ。読んでる最中、腹抱えて笑いまくりでしたし、何度読み返しても笑いが止まらないくらい。いやぁ、こいつはスゴイ。このまま商業誌に載って、そのまま連載を読み続けたいくらいに大好きです。初恋が弥勒菩薩像という大学3年生のヒロインが、仏像のことが好きすぎて、紙粘土でレプリカの弥勒菩薩像を作り上げたことから始まるハチャメチャギャグ。もう、このヒロインの暴走っぷりがたまらないのです。仏教知識を嫌みなく、それでいてネタとしてキレイに決めてくるあたり素晴らしくて、「ラ仏コメ」というジャンルに恥じないやりたい放題っぷり。ヒロインは黙ってれば可愛いのに、ことあるごとに江頭2:50のごとくリアクションを決めながら「オンマイタレイヤソワカ!」とか「ブラフマン!」などと叫び出すあたり、あまりにも残念。だけど、その輝きっぷりは何物をも凌駕していますよ。



『ファミレスの住人』 ミルメークオレンジ 水あさと

商業誌でも活躍されている水あさとさんの同人誌。pixiv人気も高いせいもあってか、開場から結構な列を作っておりました。ただ、実際にその人気の高さに比例した面白い本を数多く出されているからたまらないのです。2月ティアで出されていた「帰れない二人」も、それはもう青春てんこ盛りの内容で心を鷲づかみにされて大好きなのですが、今回の新刊「ファミレスの住人」もまた違った角度からの面白さで最高でした。女一人男二人、深夜のファミレスでダベるだけの仲であった関係から、突如として物語が加速し始める展開。その唐突さはヒロインへの意表を突くという展開以外に、読者に対してもいい意味で驚きを与えてくれました。そして何より、そこからのヒロインの表情の移り変わりが素晴らしい。ってか、泣き赤面顔最高であると!



『さくらのとき』 9X9 くづQ

表紙絵の美麗さに惹かれて、引き寄せられるかのように手に取ったこの同人誌。サークルスペースではパラパラとしか中身を確認してなかったのですが、家に帰ってじっくり読んでみたらこれがまたオレのツボにジャストミートする素晴らしき恋愛モノで二重の喜びが! 美少女ゲームのキャラがある日突然現実の世界にあらわれて、冴えない主人公の周りを彩るという、あらすじだけ書くと何とも陳腐な感じ。しかし、実際には次元の壁に阻まれた恋という切ない要素を主軸に描かれ、何とも胸を締め付けられる部分があるのです。ニコ動のRAINBOW GIRLを真っ先に思い出したのですが、あの切なさに近いんですよね。ゲームで一番不人気のキャラと主人公が育む恋愛模様は、その絵の良さもあって何とも美しかったです。



『花煙』 いののお店 井ノ上ふき

春になると涙が出てくる。それって花粉症だから? そんな出だしで始まる物語。センチメンタルな季節ゆえの涙なのかと思わせておいて、その原因は花煙という存在のせいだから、と少し不思議な世界観を構築。そして男女二人による花煙探索のお出かけ始まるのですが、全編にわたって流れる春の穏やかな空気が何とも心地よく、読み終わった読後感の暖かさと気持ちよさ。ぶっきらぼうに見えるヒロインが、最後に見せてくれる柔らかい表情には、春の魔法がかけられたかのような魅力があるのです。奥付をみたら2年前発行の本で驚きました。新刊の「KOINOYAMAI」も買ったのですが、少し不思議な世界観における学生の恋愛模様が胸キュンで、こちらも負けず劣らず良かったですよ。



『SWEAT!!』 KOMATSU This is 組長まめふく

タイトルにあるとおり「汗」を題材にした同人誌。お二方による合作本であり、2作品載ってるのですが、そのどちらも面白かったのだからこれまた嬉しい限り。最初に載っていた「B.B.GIRLS」は女子高生ヒロインによる汗くさいバスケ漫画。だからといってスポーツにかける青春というストレートな内容にはすんなり行きません。そもそもヒロイン自体が汗くさい青春からの脱却を目指しているのですが、なんだかんだで最後は部活の世界に戻っていく過程が青春していて素晴らしい。2作目の「幼なじみDAYS」は野球部少年とその幼なじみによる超ど真ん中青春ラブコメ。意識してなかった幼なじみを意識し始める展開とか、河原でポカリ飲みながらキャッチボールしたりとか、もうドストライク。だがそれがいい。どちらも素晴らしい青春モノで最高ありました。



『メガトラ!』 出身少女 迷

メガネを割って恋する少女漫画という副題通りの王道一直線。少女漫画はベタであればあるほどに身悶えニヤニヤ出来て素晴らしいと思う自分のような人間にはあまりにもジャストミート過ぎる内容なのです! 好きな人のかけてるメガネをふとした拍子に割ってしまい、それをきっかけに二人の仲が急接近!? しかし、それはあくまでも計画であり、実際にはまったくそうならない展開なのです。憧れの先生と、下級生の不良と、そしてヒロイン。この3人がラブってコメる訳ですが、全編にわたってヒロインの振り回されっぷりと、赤面ぷりがとにかく素晴らしい。下級生の不良が最終的にいいヤツ過ぎるのもお約束。こういうベタな少女漫画が読みたかったんや、というオレの需要に見事に応えてくれている本でありましたよ。



『片桐くん』 FUNUKE LABEL とよ田みのる

『ラブロマ』や『友達100人できるかな』などの作者、とよ田みのるさんによる同人誌。本作のなかでも語られてますが、『ラブロマ』連載前に描いて全ボツにされた漫画とのことです。確かに、読んだときの第一印象はラブロマでしたし、ラブロマのプロトタイプ的作品として読むと、これまた面白さも増ししてくるんですよね。無口で表情の変化の乏しい片桐くんと、それとは対極の騒々しさと明るさをまき散らす金子さん。物語は金子さんが片桐くんに告白するところから始まるのですが、このデコボコの二人がかみ合っていく様が何とも嬉しい気分にさせてくれるのです。まさに、それは二人の足りない部分を補いながら成長していくストーリー。作中でも使われたこの陳腐な表現こそが一番しっくりくるのです。



『柏と桜』 染色 にしうら染

まんがタイムスペシャルで掲載されている『セーラー服でもあいしてね』の作者、にしうら染さんによる同人誌。タイスペに載ってる漫画はまだ本連載ではないのですが、個人的にお気に入りであり、その作者さんによるこの同人誌もまたお気に入りなのです。柏と桜の二人の女の子。地味で目立たないタイプの桜と、友達も多く人気者の柏。正反対な二人ではあるんだけど、二人の絆は深くて、他人からその関係を貶められても、真っ向から反論しているのが、また見ていて嬉しいのです。そして、この二人によるラブラブっぷりにはどうしたって頬がニヤけるというか、幸せ気分でおなか一杯になれるのですよ。いやいや、良質なソフト百合をご馳走様でした。



『夢オチ』 TTT ミハル

サイトでも、その同人誌の内容は公開されているのですが、肝心要のオチの部分だけが同人誌を読まないと補完できないとのことで、楽しみに待っていました。いや、「お弁当」エピソードなんかは、せっかく作ったお弁当がまさかの転落寸前で寸止めされていたので、もう早く続きが読みたくて読みたくて。そして今回ティア新刊の『夢オチ』はタイトルにそう書いてある通りの内容。いや、これで夢オチじゃなくて、ホントにヒナが報われないままで全編終わったらあまりにも可哀想すぎますしね。いや、ミハルさんの漫画だったらそういう展開も十二分にあり得るので注意が必要だったのですが。まぁ、それはそれで怖いモノ見たさの気分もありますが、ここまで散々夢のなかでヒナには泣いてもらったので、せめて最後くらいは日常を取り戻してほしいと思っていたので、やはり良かったですよ。



『よだれ本』 左利きの猫 藤川

よだれコミックアンソロジィ、なんと響きのいい言葉か! まさか、こんな本が出ていたとは。こんな本に巡り合えるコミティアの懐の広さに乾杯。前回ティアで出された合同アンソロジーのようですが、よだれに特化しまくったその漫画の数々は右を見ても左を見ても頭おかしい内容ばかりで打ちのめされます。すべてにおいて頭おかしすぎて最高です。このよだれへの愛、よだれへの歪んだ愛情の結晶と呼ぶべき作品の数々の前にひれ伏すしか他に道はありません。この本を読み終わった今なら言える、よだれをおかずにご飯が食べられると!(洗脳完了

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
コミティア96、その戦利品と感想 DAIさん帝国/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる