DAIさん帝国

アクセスカウンタ

zoom RSS ヒロイン登場により黄金のワンパターンが崩れた『テルマエ・ロマエ』の行く先は!?

<<   作成日時 : 2012/02/18 23:46   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 1

画像

『テルマエ・ロマエ』4巻 ヤマザキマリ ビームコミックス

アニメ化もされ、映画も4月には公開されるなど、何かと話題の多いこの『テルマエ・ロマエ』ですが、原作の単行本も4巻が発売されました。まぁ、発売されたと言っても、去年の年末の話なんですがね! 最近、未読の漫画を積まないように気をつけてはいるのですが、それでも積まれていく漫画の塔。そんな未読漫画の中にすっかり埋もれていたこの『テルマエ・ロマエ』4巻でしたが、積ん読解消もかねて、以前よりやってみたいと思っていた「風呂場で漫画を読む」行為をやってみようかと思い立ったわけです。

単行本を濡らさないように気をつけなきゃいけないのが難ですが、半身浴しながら風呂場で漫画を読むのもなかなか楽しいモノです。何よりお風呂漫画たる『テルマエ・ロマエ』をお風呂に入りながら読むということ自体、なかなかに面白いんじゃないかと。

ってな感じで、ようやく読めたこの4巻。この漫画と言えば、浴場技師であるルシウスが仕事に行き詰まった時に決まって現代日本にタイムスリップしてしまい、そこで見た日本のお風呂文化にカルチャーショックを受けると共に、その文化を古代ローマ時代に持ち帰って成功させるという、ある意味黄金のワンパターンが醍醐味でありました。

しかし、この4巻からその黄金のワンパターンが崩れているのです。これまでのような短いエピソードの積み重ね方式からストーリー形式に移り変わり、舞台が日本であることが固定化しているのです。いや、いつかはローマに帰るのでしょうが、今回の日本滞在はかなり長くなりそうな感じなのです。この展開については賛否両論あるところかもしれませんが、個人的には全然アリかなと。だって、この漫画に限ってあり得なさそうに思えたヒロインキャラが登場しているんですもの!


いや、この漫画にヒロインやラブロマンスは必要ないだろうと言われれば確かにそうなのかもしれませんが、生まれついてのラブコメ脳故に、ラブってコメる要素が登場すると、それだけで食いつきがよくなるのです。しかも、この娘さんと来たら、妙に心惹かれる部分があるというか、薄幸そうというか、庇護欲をそそるというか、妙な色気を感じてしまうんですよね。

平たい顔族の中で唯一ルシウスとコミュニケーションを取れる人物の登場で、物語の奥行きが広くなるのか、黄金のワンパターン以上の展開がなされるのか、今後の展開を見守っていきたいところであります。

ちなみに今回出てきた伊藤温泉の東林館は、解説にも載っておりましたが静岡県の伊東温泉の東海館ですよね。

 

 

木造3階建ての温泉旅館だった東海館ですが、廃業された後は市が管理する施設として現在も活用されています。ここでは入浴する事も出来ますし、お座敷文化を体験する事も出来るようです。5年ほど前に自分も行ったことあるのですが、ここは木造温泉旅館の情緒の残る味わいある建物で雰囲気は良いですよ。この東海館と並んで建っている旅館いな葉も廃業してしまったようで、伊東温泉のシンボル的存在の建物が共に廃業してしまったというのは時代の流れなんでしょうかね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
この漫画は兄弟ともども楽しみにしていましたが
兄弟ともどもこの漫画は買わなくていいという結論にいたりました…
まあこのままいったらマンネリ化でつぶれるということは妹と話してたのですが
どうも微塵もこの恋物語に興味がわかなくて…楽しめるDAIさんがうらやましいですw
モラム
2012/02/19 03:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
ヒロイン登場により黄金のワンパターンが崩れた『テルマエ・ロマエ』の行く先は!? DAIさん帝国/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる