サンデーが素直に楽しめない症候群


週刊少年サンデー28号

一時期、自分の中でサンデーが猛烈に面白くない時期もあったのですが、それだからこそ、最近のサンデーはすごく面白くなってきたと思ってましたし、『神のみぞ知る世界』とか『金剛番長』とか『オニデレ』など新しく始まった漫画も好調で、すごく楽しみに読んでおりました。ただ、今回の一件のせいで、今週号を読んでてもなんか集中できないんですよ。漫画自体はすごく面白いんだけど、今読んでるこの漫画は編集によって無理矢理描かされた内容なんじゃないかとか思い始めると、素直に萌え転がれないんですよ。

つまり、何が言いたいかというと、今週の『オニデレ』が激しく素晴らしかったということなんですが!!

作者が嬉々として描いてるならそれでいいんです。でも、今回のオニデレのサヤさんの赤面顔も、あのサービスシーンも編集によって無理矢理描かされているんじゃないか、などと勘ぐり始めると素直に萌え転がれないんですよ!

……いや、違う、そうじゃない、オレは根本的な思い違いをしていたに違いない!

クリスタルな洋介先生は実は女の子なんだ。本人は描きたくないんだけど、編集に無理矢理言われて描かされているんですよ。きっと顔を真っ赤にしながら涙目で描いているんです。ようやく描き上げたら編集に「君はエッチだね」とか言われて涙目になりながら必死で否定するんですね!!!


参考

Google検索「桜場コハル先生の正体」

「今日の5の2」「妹は思春期」「みなみけ」に続く何か(ヤマカム)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年06月12日 01:44
初めまして。
まったく同感です。面白いなー・・と思っても、例の件が頭にひっかかって気持ち悪くなってしまうのです。
思えば、どれだけ編集の意向でマンガは踏みにじられてきたのか・・。今回の件で、少しでも漫画家の地位が向上すれば・・と願ってやみません。
ナデガタ
2008年06月12日 11:17
描かされていようが、好き好んで描いていようが、大事なのは「その漫画を読んで自分が面白いと思ったか」ということだけかと思います。製作者の都合を考えることは大切ですが、作品を鑑賞する際はそれを切り離しても良いのではないでしょうか。
読者は勝手な存在で良いと思っています。この意見に対しては反論もあるかも知れませんが。
オニデレ面白いです。例えそれが編集部主導で作者が嫌々描かされているものであっても。編集グッジョブ!と萌え転びます。
2008年06月13日 00:40
アッキーさん

今回の件でサンデーの漫画が楽しめなくなってしまうのはもったいない気もするので読み続けますが、頭に引っかかるモノは確かにあるんですよねぇ。


ナデガタさん

自分も「漫画自体が面白ければそれでいい」と思っている方なんですが、今回の件で裏事情を知ってしまった為、純粋に楽しみたいのに、なんか無意識下で純粋に楽しむことにブレーキがかかってしまうようになった部分はあるんですよね。それでもオニデレは面白いと思いますが。
もも
2008年06月13日 17:47
「漫画自体が面白ければいい」のは確かだけれど、「今さえよければいい」でもある。作家がつぶれたら次はないわけで。
2008年06月14日 23:59
確かに漫画家あっての漫画雑誌。今回の事を契機に変化が訪れればよいのですが。

この記事へのトラックバック