2008年オレ内部アニメベスト3

昨日に引き続き2008年を振り返ってみようということで、今日はオレ内部アニメランキング! といっても、アニメこそホントに大して見てないので今回もベスト3を上げるにとどめておきます。


画像3位 『true tears』

今年前半はホントにアニメを見てなかったような気がしますが、その中でこのアニメだけはしっかりと見ておりました。毎回毎回、次の話の内容を期待してワクテカしながら見ていたという感覚は久々に味わいましたよ。

富山県の城端という実在の地を舞台に、美麗な背景と作画、しっとりと情感漂う雰囲気で描かれた物語はなんとも素晴らしかったです。地方都市の高校に通う少年少女達の恋模様を描いた物語ですが、なんともドラマチックに、なんとも昼メロチックに、恋の一方通行片想いの連鎖がグルグルとドロドロとしていく様に釘付けでありました。放映終了後には舞台となった城端の地を探訪したくらいに好きではまっておりましたよ。


参考 昼メロ展開あり、修羅場展開ありの一方通行片想い青春群像劇、『true tears』


画像2位 『とらドラ!』

放映前は期待できないアニメの最右翼でしたが、蓋を開けてみれば一番期待できるアニメであったという予想外の喜びに打ち震えることが出来たアニメ版『とらドラ!』。原作が好きというのもあり、アニメ版は期待していなかったのですが、原作の良さを十二分に発揮したアニメ化となっております。

特にアニメになって一番良かったのは亜美のキャラクター。原作では5巻辺りからようやくその魅力が開花してきたかなという印象でしたが、アニメ版は当初からその魅力が全開。一歩引いた位置から竜児や大河、実乃梨達の関係を見つめていながらも、竜児の視界に入れないというもどかしさも抱えた切ない亜美の立ち位置が、上手くクローズアップされており、報われない切ない片想いをするキャラが大好物な自分としても大ハッスルなのです。

他にも大河と竜児の関係、実乃梨と竜児の関係等、複雑に絡み合う人間模様と、竹宮ゆゆこ節の効いた疾走感溢れる展開、そして青春てんこ盛りのストーリー。どれをとっても原作の良さを十二分に引き出しており、さらに絵と声の相乗効果により、より一層とらドラの世界を楽しめる内容に仕上がっていると思います。2クールあるとのことで、あと残り3ヶ月もこのアニメを楽しめるというのが嬉しくてしょうがないですね。


画像1位 『ストライクウィッチーズ』

「ぱんつじゃないから恥ずかしくないもん」のフレーズで一世を風靡したご存知ストパンこと『ストライクウィッチーズ』。放映前は「何このあざとい萌えアニメ」というくらいの目でしか見ていなかったのですが、実際にアニメとして動いている絵を見て、空を飛び回るぱんつ達を見て悔い改めました。丸見えのようでいて丸見えでないぱんつの数々にすっかり虜にさせられました。

ストーリーとしての骨子もしっかりとしており、作画も良好。サービス回におけるとことんドタバタしまくる展開にもニヤニヤできますし、女の子しか出てこない百合ん百合んな環境も妄想しやすくてそれはそれで素晴らしくありました。

個人的に久々にDVDを全巻まとめて買ってしまうことになりそうなこのアニメ。オンエア時に大活躍していた謎の太陽光線さんや火事かと見紛うばかりの湯煙さんなど、数々の障害となっていたモノたちが綺麗さっぱり取り払われたDVD版は、もうそれだけで購入意欲を倍増させるに充分。まんまと手のひらで踊らされつつも買い切りますとも、ええ!


参考 オレの股間にストライクウィッチーズ

この記事へのコメント

ペトロニウス
2009年01月17日 12:29
いつも読んでいます。この正月休みは、お薦めのアニメを連続で見て、凄い堪能させていただきます。とくにストウィは、このブログがなければ存在も知らなかったので、とりあえず感謝の気持ちを表現すべくコメントさせていただきます。マンガもここで紹介したのを一気に注文しているところです!。
2009年01月27日 00:54
いろいろと読んでいただきありがとうございます。ストウィは「あざとい萌えアニメ」という偏見を捨て去ると素晴らしく楽しめる作品ですよ。存分に堪能してやってください。

この記事へのトラックバック