“文学少女”シリーズ待望のメディアミックス化第一弾!

画像
『“文学少女”と死にたがりの道化』1巻 野村美月/高坂りと ガンガンコミックスJOKER

このライトノベルがすごい2009で堂々の1位を飾った“文学少女”シリーズ。読者人気も非常に高いこのシリーズなのですが、なぜかドラマCDやコミックス、アニメ化とは無縁の存在でした。アニメ業界といえばこれまでは漫画やエロゲーのアニメ化が多かったようにも感じますが、最近はラノベ原作の青田買いが非常に盛んな様子です。このラノ2009の上位10作の中でもその多くがアニメ化したり、これからされるモノが非常に多い中、“文学少女”シリーズは頑なにアニメ化からは縁遠い位置に孤高の存在として輝いておりました。

“文学少女”劇場アニメ化決定

しかし、遂にアニメ化の報ががが! まさに真打ちは最後にやってくるというか、ラノベアニメ化の流れにおける遅れてやってきたエースであり、アニメ化周回遅れとはまさにこの事。ただ、個人的な期待感はかなりのモノであり、公園全裸待機にて公開されるその日を待ちわびたいところです。

そして、そんなメディアミックス展開の一つであるコミックス版の“文学少女”。ガンガン系列にて連載されてきたモノが遂に待望の単行本化となりました。原作に強い思い入れを持っている作品については他のメディアに展開されるときって期待半分不安半分なのですが、このコミックスはかなり安心して楽しめる内容になってました。

最初のうちは作者自身の堅さも見受けられ、妙に説明くさい展開が鼻にもつきましたが、物語が進行してくるとこなれてきて素直に物語の中に入っていけます。原作は文字だけのラノベって事もあり、その物語世界を頭の中に“想像”しながら読み進めるのが楽しみ方ではあるのですが、漫画の場合、そこに絵という視覚情報が加わってくるわけで、圧倒的にその物語世界が自分の眼前に広がり、原作を読んでるのとはまた違った味わいを感じ取れるわけです。

遠子先輩の三つ編みの揺れ具合も、コロコロと表情を変える百面相も、千愛のドジっ娘ぷりも、琴吹さんの眉間のシワの寄せ具合も、そのどれもが愛おしいのですっ。

また原作を最後まで読んだあとに、1作目たる「死にたがりの道化」の話を読み返してみるというのも味わい深く、登場人物達の気持ちを知った上で別の角度で見る物語というのも、初見の時とはまた違った感覚で楽しめて面白いです。

遠子先輩が心葉と出会ったシーンにしろ、恋愛大殺界中と言う遠子先輩も、彼女の本心を知ってる状態で見るとまた別の色が見えてきますし、千愛の隠された本当の素顔や、琴吹さんのツッケンドンな表情の裏に隠されたデレの部分を知っていると、彼女たちのセリフの真意を理解できて別の楽しみ方が出来るわけです。

あと、作画の高坂りとさんの絵は女性作家らしい柔らかな線と、それとは対照的な鋭角的な陰影の付け方が非常に印象強いですね。心葉の学生服の陰影の付け方や、制服のプリーツスカートの陰影の付け方はかなり独特で、切り絵というか影絵的な印象もあって目に飛び込んでくる感じでした。

物語の方は1巻では「死にたがりの道化」エピソードは完結しておりませんが、是非ともじっくりと描ききって欲しいところです。願わくば原作エピソード全てをやってくれると嬉しいところなのですが。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 文学少女 神に臨む作家

    Excerpt: 【中古】ライトノベル(文庫) 文学少女と慟哭の巡礼者商品価格:580円レビュー平均:0.0 “文学少女”シリーズ待望のメディアミックス化第一弾!『“文学少女”と死にたがりの道化』1巻 野村美月/高坂り.. Weblog: youtube動画+新着ニュース racked: 2009-05-01 04:49
  • 文学少女 感想

    Excerpt: "文学少女”見習いの、初戀 感想“文学少女”見習いの、初戀。 (ファミ通文庫 の 2-8-1)竹岡 美穂 エンターブレイン 2009-04-30売り上げランキング : 14Amazonで詳し.. Weblog: ニュース・プロフェッショナル racked: 2009-05-01 17:09