ファン必携、『恋愛ラボ』ドラマCDを聞いて嬉しい気持ちになってくる

画像
ドラマCD 『恋愛ラボ』 フロンティアワークス

12月に発売されて以来ずっと探していたこのドラマCDですが、結局これまで店頭で見かけることはありませんでした。このままでは買うこと自体忘れてしまいそうだったので通販で購入。うーん、最初からamazonで買っておくべきだったか……。

そんなわけで遅ればせながらドラマCDを聞いたのですが、これは良い恋愛ラボですね! そもそも、宮原るり漫画が好きでしょうがない隊の一員であるところの自分ですから、ファン必携のこのドラマCDを存分に堪能できるのは当然のこと。自分の好きな作品がメディアミックスされていく瞬間に立ち会えるのはいつの時も嬉しいものであります。

しかし、そんなファン心理をさっ引いても存分に堪能できたのは事実。もちろん、原作漫画を知らない人がいきなりこのドラマCDを聞いて楽しめるかどうかは分かりませんが、原作ファンなら楽しめるんじゃないでしょうか。あの生徒会5人のアホアホドタバタ分と、女の子同士というキャッキャウフフ分が存分に発揮されており、キャラのイメージも損なわれることなくベストなキャスティング。全編にわたって堪能できましたよ。せっかくなんでキャラ個別の感想でも。

◆真木夏緒(マキ):堀江由衣

聞いてすぐ分かるいつもの堀江由衣声……なんだけど、手堅い安心感。優等生的発言も、暴走するアホアホ感の使い分けもさすがのものです。

◆倉橋莉子(リコ):釘宮理恵

いつものツンデレ釘宮ボイスとは違ってあまり聞く機会のない声で演じられており、それだけでも充分に新鮮でした。釘宮理恵でリコというのが想像しにくかったけど全然問題なしですね。

◆江本結子(エノ):広橋涼

これはもうすごく良かった。エノの意地っ張り空回りっぷりなんかが見事に出されておりましたしね。エノ可愛いよエノ。余談ですが、おまけの「もしデートに行くならどんなシチュエーションがいい?」での広橋涼さんの答えがたまらなくツボだった。最高すぎ。

◆水嶋沙依理(サヨ):渡辺明乃

渡辺明乃さんといえばおっぱいという印象がうたわれラジオで出来上がっているこの自分ですが、そんな事はさておきこれもはまり役。思い描いていた声と違和感がなさすぎです。さすがのキャスティング。

◆棚橋鈴音(スズ):新谷良子

いつもの新谷良子声……というか、この人はいつも同じ声だけど、これも違和感無くはまり役ですよ。あたふたドジっ娘っぷりが見事に出ておりました。


メイン5キャラとも有名声優陣で揃えており、安心の安定感。このまま、いつアニメにしても問題無しというか、バッチ来い状態のキャスティング。むしろ、今すぐにでもアニメ化して欲しい気分いっぱいのこの自分ではあります。みそララよりは恋愛ラボの方がアニメ化に向いた題材でしょうし、今から期待して待ってしまうのであります。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック