DAIさん帝国

アクセスカウンタ

zoom RSS 小梅けいと版ノーラが可愛すぎてどうしよう、『狼と香辛料』4巻

<<   作成日時 : 2010/03/27 23:53   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 1

画像
『狼と香辛料』4巻 小梅けいと/支倉凍砂 電撃コミックス

帯にあるとおり新たな出会いと破産の危機が待ち受けるこの4巻でありますが、表紙絵に登場している羊飼いのノーラとの出会いこそがこの4巻のキモであることは間違いありません。いやもう、このノーラが可愛いの何のって!

単行本4巻目で原作2冊目のエピソードに突入ですが、漫画版の物語進行はかなりゆったり目な感じもします。しかし、逆に言えば一つ一つのエピソードを丁寧に描いているということであり、ものすごく強い好感を持てるのですよ。

まず何より、ホロとロレンスのイチャイチャ。ここを飛ばすことなくきっちりと描いているのが素晴らしい。この二人の軽妙なやり取り、言葉の応酬、ロレンスがホロの一枚上手を取ってやろうと知恵を巡らせるも結局はホロの手の内で転がされている結果になるいつもの会話、そのどれもが原作同様に見事に描かれており、もうそれを見ているだけで、オレの頬をだらしなくニヤけるばかりなのです。いやいや、狼と香辛料といえばこの二人のイチャイチャっぷりこそが楽しみな部分もあるので、そこをしっかりと描いてくれるのはやはり嬉しいのですよ。

あと、銀貨の見分けが出来ないホロがトレニー銀貨、フィリング銀貨、リュート銀貨などを読み上げていくシーンや、ロレンスに寝てるときにいびきをかいていると指摘されたホロが、頑なにいびきなどかいておらぬと反論するシーン。ニコ動なんかではMAD素材としてよく使われているシーンだけに小清水亜美さんの声で脳内再生も余裕です。ここら辺はアニメ化の恩恵でもありますよね。

まぁ、そんなホロとロレンスのいちゃラブもさることながら、4巻の大本命はやはりノーラ。ああ、ノーラ可愛すぎる。何なんだあの庇護欲をくすぐりまくるか弱さ加減は!


小さな世界しか知らないあどけない少女が外の広い世界に憧れを抱く、そんなありきたりなシチュエーション。そんな場面に遭遇した外の世界を知るロレンスが、か弱き少女の手を引いて外の世界への手ほどきをしたくなる気持ちというのも、なんだか無性に分かるのです。不幸な生い立ち、不幸な境遇、自分が守ってやらなきゃいけないという気分にさせるノーラの可愛さこそが罪!

あと、巻末のノーラのエピソードがこれまた素晴らしく庇護欲を掻き立てる内容というか、3巻に載っていたノーラ初登場のエピソードもそうだったんだけど、この娘には幸せになって欲しいというか、むしろオレが幸せにしてやるという気持ちを湧かせるキャラですよね!

あとおまけエピソードといえば、裸足でエネクをグリグリするノーラはエロいですね。むしろオレがグリグリされたいという気持ちを湧かせるキャラですよね!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 20
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい かわいい かわいい
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
>裸足でエネクをグリグリするノーラはエロいですね

いや、ロレンスのうぬぼれに荷台で笑い転げるホロの方がエロく感じたんですが、どうでしょうw
ぱんてる
2010/04/11 16:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
小梅けいと版ノーラが可愛すぎてどうしよう、『狼と香辛料』4巻 DAIさん帝国/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる