DAIさん帝国

アクセスカウンタ

zoom RSS かがみふみをさんの漫画を読むと胸がギュッとなるんだ、『きみといると』3巻

<<   作成日時 : 2010/04/17 09:55   >>

かわいい ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
『きみといると』3巻 かがみふみを アクションコミックス

あー、もうー、どうしよう、素晴らしすぎる! かがみふみをさんの漫画はオレを身悶え転がすのに特化したとしか思えないほどに、オレの好みにジャストフィットしすぎるのです。これでもかと言わんばかりの怒濤の赤面展開ラッシュを前にして「うひー、もう勘弁してくれー」とのたうち回るばかり。もちろん顔には満面の笑みを浮かべながら、幸せそうな表情でそう思うのです。

そうです、かがみふみをさんの漫画を読んでいるときの自分はこれ以上ないくらいの幸福感を味わっているのです。以前感想を書いた『日々是…』はエロありの展開で、初めての同棲を扱ったいちゃラブ漫画として最高の輝きを放っておりましたが、エロなしのこの漫画『きみといると』も、負けず劣らずの素晴らしさを発揮しているのですよ!

とにもかくにも、初めて恋をする二人の恋の進み具合を見るにつけ、微笑ましいやらこそばゆいやら、身悶えるやらニヤニヤするやら、たまりません。そしてその恋の進み具合がとことんまでにスローステップ。しかし、このゆっくりじっくり進んでいっている感がまた良いのです。

初めて手を握るだけで1話を費やし、初めて自分の彼女だと皆に公言するのだけに1話半を費やし、お互いを下の名前で呼び合うだけで2話も費やすというこの贅沢っぷり。1話1話がとにかく濃厚で、じっくりと描かれるその赤面展開の数々には身悶えるしかないのです。連載のコミックハイで読んでいても、1話1話が濃厚なためたまらない気持ちになるのですが、それが単行本としてまとめて読める日がきたとなれば、息つく暇もないくらいに窒息寸前になるほどに悶えまくるしかありません!

好きという気持ちが分からなかった彼女が、好きという気持ちを自覚していくという過程も、これぞ初恋という小っ恥ずかしさ。言葉に表すことの出来ない胸がギュッとなる気持ちを恋だと認識していくその様には甘酸っぱさ以外の感情が浮かんでこないのです。その気持ちを大切にゆっくりと育てていき、またその過程が大切にじっくり描かれているのがホントに嬉しいんですよね。

この巻の内容も、どのページを開いても常時ニヤリングポイントで、どこが素晴らしいというのは難しいのですが、中でも良かったのは彼女の事を友人達に紹介するシーン。まさに見ているこちらがドキドキしてしまうという感覚がダイレクトに伝わってくる珠玉の赤面シーン!


あと、こういったラブコメに必須である初めてお互いの下の名前を呼び合うシーン。これもまた強烈なニヤリング誘発シーンでございました。ちば拓の「キックオフ」でラブコメ脳を開発された自分としては、この見つめ合ってお互いの名前を呼び合うバカップルというシチュエーションだけで脳内お花畑になれるくらいに身悶えられる自信があるのです!

そして初めて名前で呼び合うまでにいろいろな紆余曲折があるのも定番で、まずは好きな子の名前をノートに書いてみて照れてみたり、口で言うのが恥ずかしいからメールに書いて送ったり、またそれをみた彼女が猛烈に照れてみたりと、もう赤面展開のオンパレード。思い返して見るだけで自然と頬が緩んでくるくらいの素晴らしいラブコメ展開でございました。

いやぁ、もう、ホントに素晴らしい漫画でありました。この漫画をオススメせずして何をオススメしようかというくらいに大好きな漫画であり、やはりオススメするしかないのです!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
かわいい かわいい
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
私も、きみといるとには散々身悶えしたうちの一人です。
キャーキャー言いながらいつも読んでいます。
4巻で終わりっていうのが信じられないですが・・・

カザマアヤミ先生の「はつきあい」は読みましたか?
これもかがみふみを先生の漫画に負けないくらい、顔が真赤になって身悶えする恋愛がたくさん載ってますよ。毎話主人公が違うので、その分身悶え度もグッと増して最高です。
こんにちは
2010/12/29 12:28
はじめまして。
DAIさんとはラブコメの好みが合います。
「はつきあい」「きみといると」「好いとっと?」「はなまる幼稚園」「せなかぐらし」
マンガのキャラ(男性側)に感情移入しながら、「うんうんそうだよ、そうなんだよ」と独り言を言いながら読んでいます。

「きみといると」「はつきあい」「はなまる幼稚園」と好きなマンガがどんどん連載終了していくのが悲しい限りです。

はつきあい2巻、きみといると4巻のキスシーンはたまりません。

上の方もはつきあいをオススメされていますが・・・
かがみふみを先生の「まちまち」「ちまちま」、霜月 絹鯊先生の「となりの柏木さん」、異識先生の「あっちこっち」なんかも最高ですよ!!
まさ
2011/10/31 18:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
かがみふみをさんの漫画を読むと胸がギュッとなるんだ、『きみといると』3巻 DAIさん帝国/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる