DAIさん帝国

アクセスカウンタ

zoom RSS 人が死なない鬼頭莫宏の自転車マンガ、だが面白い!『のりりん』1巻

<<   作成日時 : 2010/08/02 22:11   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 7

画像
『のりりん』1巻 鬼頭莫宏 イブニングKC

鬼頭莫宏さんのマンガというと人が死んでナンボ、鬱展開に陥ってこそナンボというイメージが非常に強いのですが、このマンガでは人は死なないし鬱にもなりません。もちろん、この1巻時点なんで全く油断は出来ませんが、ただそういう展開が無くたってこのマンガは面白いのです。鬼頭莫宏さんの描く自転車マンガは面白いのです。自転車への深い理解力に裏打ちされた描写力がそれはもう半端なく素晴らしいのです。半端なく共感させられ、ものすごい勢いで頷かされ、強く唸らされるのですよ!

主人公は28歳のサラリーマン、車に乗ることが好きなんだけどその一方で自転車を毛嫌いする人物。自転車に乗っているヤツなんてと見下し、自転車そのものの存在すらも認めたくないといった風。しかし、そんな彼がひょんな事から自転車に乗らざるを得ない状況に追い込まれていき、そして自転車に乗ることの喜び、楽しみ、興奮を覚えていく様が描かれていくのですが、この過程が最高に面白いんですよね。


作中で語られるこのセリフ。ものすごく印象的なセリフであり、このマンガのことを如実に表していると思うのですが、実際にその通りだとすごく思うんですよね。大人になって体力の衰えを感じ、もう若くないということを嫌でも感じざるを得なくなる年頃。そんな年齢で出会う自転車、しかもロードレーサーという乗り物はそれまでに経験したことのない世界に連れて行ってくれ、それまでに感じたことのない景色を見せてくれるんですよ。

主人公がロードレーサーに跨り、初めて本気を出して走らせるその瞬間。その描写がこの巻ラストの8話で描かれるのですが、ここでの描写がそれはもう半端ないくらいに痺れます。連載時にこの話を読んですごく背筋をゾクゾクさせられたんですよ。

人の力だけで動かせる乗り物にして、人が作りし単純明快な乗り物。作中の言葉を借りるなら雑味がなく濃密、原始的でプリミティブな乗り物、それがロードレーサー。人の力だけで到達できる最速がこの乗り物には存在し、その最速の領域に人の力だけで飛び込める全能感と、その存在を操っているのが自分という恍惚感。

だからといって自転車全てにこの感覚が許されているわけでなく、ママチャリではなくロードレーサーにだからこそ許された特権であり、削ぎ落とし研ぎ澄まされたからこそ許される最速の乗り物。子供の頃に自転車に乗る経験は誰しもあるでしょうが、子供の頃に感じた自転車像とはまったく別次元の乗り物。そんな乗り物に大人になってから初めて乗り体感する世界は、それまで経験したことのないモノであり、大人になって味わうその新鮮味にのめり込んでいってしまうのです。そう、この主人公もまさにその第一歩を踏み出したんだなと思えるんですよ。

ロードレーサーに乗るという事以外にも、自転車への蘊蓄ネタは多く、女性と一緒に公道を走る時の自転車レクチャーぷっりにも大きく頷けます。そして、そんな様子を見ていると自分までもが自転車に乗って走りたい気分にさせられるんですよね。

主人公に自転車に乗ることのきっかけを与えた女子高生の輪を始め、免取りのきっかけを作ったカラモモさん、そしてなぜか同居しているっぽい妹キャラ等々。他にも多数のキャラが出てきますが、2巻3巻あたりでまず誰が最初にトラックにひかれて死ぬのだろうか、とかそんな不吉なことを考えちゃダメです。ダメですってば。このマンガはあくまで自転車に乗る喜びを描いた自転車マンガでいて欲しいなぁと。

ちなみにタイトルの「のりりん」は博多弁でしょうか。余談ですが、レーパン穿いてる女子高生は最高であります。制服姿のスカートの下にレーパン穿いて自転車に乗るとか夢が広がりすぎて最高ですよね!


追記
「のりりん」は三河弁かもしれませんね。語尾に「じゃん・だら・りん」を付けるのが三河弁の基本ですし。作者も愛知県出身ですしね。


鬼頭莫宏の自転車漫画『のりりん』が面白い、但し未だ人死には出ず

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
「のりりん」が「乗ったら?」とか「乗って」とかいう意味だとしたら
三河弁ではりは重複せず「のりん」ですYo!(少なくとも僕がいた地域では)
通りすがりの三河人
2010/08/03 20:50
ええっ!? いつ死人が出るのかハラハラしながら読むのがこの漫画の楽しみ方じゃないのかい!?
鱒O
2010/08/03 22:57
女の子があんなことやこんなことをされて死ぬんでしょ?
可哀想で見れないよ

2010/08/04 03:22
ワシのチネリ今度乗ってみる?
takaxo
2010/08/04 20:21
ロード乗りとしては興味あるマンガだけど、最近流行に踊らされたデブ達が「しょぼい量販店クロスバイク」乗って公道ヨタヨタしているのが残念。
チェレスて
2010/08/05 23:13
のりおのことかと・・・
hs
2010/08/06 09:48
福岡市在住の自転車(ロード)乗りですが、「のりりん」という言葉は聞いたことがありません。
とんこつ
2010/08/10 16:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
人が死なない鬼頭莫宏の自転車マンガ、だが面白い!『のりりん』1巻 DAIさん帝国/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる