ストライクウィッチーズ2、オレ内部ベストエピソードランキング

さて、感動の最終回を迎えたストパン2ですが、期待以上の出来映えに大満足でした。1期は正直ズボンにばかり目がいき、ぱんつじゃないから恥ずかしくないズボン姿の女の子が大空を駆けめぐっているという、正気の沙汰じゃない内容に目を奪われ楽しんでいた部分が強かったです。しかし2期はと言えば、ストーリーやキャラを純粋に楽しんでいたんですよね。もちろんズボンに注視することも忘れることなく物語として最高に熱く面白かったのです!

1期のエピソードを彷彿とさせるような3話の訓練話、6話のエイラーニャ回、7話の最高に頭の悪いドタバタ劇。4話のシャーゲルに代表されるような1期にはなかった新しいカップリングの創造、そして10話に出てきたマルセイユなどの501以外からの新キャラ投入など、様々な面で1期を越える出来映えであったことは間違いないのです。

そんなところで、最終回を迎えた今、2期を振り返ってみて個人的に好きなエピソードについてのランキングでも上げてみようかなと。


番外 第9話「明日に架ける橋」

芳佳はこの2期において主人公らしい主人公として覚醒しておりましたが、それはそれとして、やはり淫獣の二つ名を持つ彼女のはっちゃけぶりだって見てみたい。ってか、二つ名が淫獣とか最初に言い出した人は酷すぎるけど、でもうそうだからしょうがない。おっぱいに対して激しい執着心を見せてこその芳佳ですし、リーネと訓練して倒れ込んでは、どさくさに紛れておっぱいを揉みにかかってこその芳佳! 9話でのこのシーンの芳佳がものすごく芳佳らしくて大好きなのです。


5位 第5話「私のロマーニャ」

誰がどう見たって「ローマの休日」なのですが、王道が故の安心感と面白さ。ルッキーニの故郷を守りたいという気持ちと、お姫様の休日という要素が見事に絡んでいて安心の面白さでした。しかし、この話を見ていてすごく残念だったのはお姫様がスカートを穿いていてズボン丸出しにしていなかったことです。チラッとはしていたようですが、一国を代表する姫ならば正々堂々とズボン丸出しにしていただきたい! あと今回の話だと、バルクホルンのおつかいに絡んで、バルクホルンのピンクフリフリ服姿というレアショットを拝めたのも何ともありがたいことです。


4位 第2話「伝説の魔女達」

\もっさんイケメン!/

1期ラストでシールドを張れなくなったもっさんが、2期において華麗なる復活。Aパートで見せてくれた烈風斬だけでも熱さ全開で、もっさんが帰ってきたという嬉しさで一杯になったというのに、Bパートでさらなる盛り上がりを見せてくれて最高に熱い回だったのです。もっさんや芳佳の危機に駆けつける501メンバー。そこから全員で戦い始めるシーンの熱いこと熱いこと! そしてトドメはもっさんの烈風斬。シールドを張れなければ当たらなければいいとばかりに単純明快でネウロイに突っ込んでいくもっさんの格好良さは異常。ネウロイのビームさえ切り裂き、烈風斬をくらわせるシーンはもう感動の嵐ですよ。思えば2期はこの2話目からしてストーリーの盛り上がりと熱さには期待がもてる出来映えだったんですよね。


3位 第7話「モゾモゾするの」

どれだけストーリー的に熱くなり感動話が繰り広げられようとも、ストパンかくあるべしとでも言うべき最高に頭の悪い回。しかし、オレはこういうストパンも大好きだあああっ! 1期の「スースーするの」を彷彿とさせるような501メンバーがドタバタ走り回っている回で、今回は基地に侵入した小型ネウロイが、あまつさえ隊員のズボンの中にまで侵入してしまうというファン大歓喜の話。この話の前が大絶賛されたエイラーニャ回であったというのに、その次の話がこれだけ頭の悪い話で、あの感動は何だったのかと頭を抱えてしまいそうになりますが、まぁそんな事は深く考えずに頭空っぽにして本能のままに楽しむのが吉と出ました。ミーナが尻圧でネウロイを粉砕するというオチも最高に頭悪くて素晴らしかったです。あと、エイラがダウジングでサーニャの尻を探索するシーンも最高に好きすぎます。


2位 第6話「空より高く」

エイラーニャ回は1期の頃から飛び抜けた出来映えを誇っておりましたが、2期でもそれは健在。むしろ超越してましたよ。まさかストパンを見て感動の涙を流すことになるとは思いもしませんでした。ロケット発射的な作戦も熱さ満載でしたし、それ以上に挿入歌SweetDuetが流れはじめてからの展開はまさに神懸かり。神回を通り越してエイラーニャ回マジ神話ぐらいの勢いですよ。エイラとサーニャの絆をしっかりと描き、ネウロイとの戦闘も熱く描かれ、サーニャのためにはじめてのシールドを張るエイラの健気さにも胸を打ちます。この回だけは何回見たか分からないほど見ましたし、特に挿入歌が流れはじめるあたりからは繰り返し繰り返し見ました。それくらいに好きな話なんです。


1位 第12話「天空より永遠に」

正直、見る前は最終回に対しての期待度は低かったです。そもそも1期ラストのシリアス展開もそれほどのめり込んで見ていたわけでなく、むしろシリアス回よりもバカ話をもっと見たかったとすら思っていたほどでしたし。そしてこの2期。最終回手前の11話にしてようやくシリアスなストーリー展開になってどうなるのかと思ったのですが、予想に反して過去最大に熱い話になっていたのだからたまりません。間違いなく6話がストパン2のベストエピソードだと信じて疑ってなかっただけにその衝撃は大きかったです。ネウ子とか宮藤パパとか謎は謎のまま全て置き去りにし、もっさんと芳佳の物語、501部隊の物語としての完結を最優先して盛り上げたのには逆に好感もてたくらいです。501の物語が一区切りついたことに対する寂しさはあるものの、ストーリー的に見ればこの上ないくらいの盛り上がりで大満足でした。オレ内部におけるストパン2ベストエピソードはこの最終回です!


さて、そんなこんなでストパン2を振り返ってみましたが、予想以上に堪能し楽しみ尽くしました。こんなに面白いんだから3期に対する期待感も否応なしに高まるってなものです。501だと嬉しいけど、そうじゃなくても、502でも504でもアフリカでも、映画だろうとOVAだろうとOADだろうとドンと来いですよ!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック