となりの席の気になる男子は内職王、『となりの関くん』1巻

画像
『となりの関くん』1巻 森繁拓真 MFコミックス

となりの席の内職王、フラッパー読み切り『となりの関くん』が面白い!

読み切り掲載のモノが大変面白くて勢いで感想を書いたこの漫画が、その後連載化されこうして単行本化されるなんて、こんなに嬉しいことはない! 読み切りの話も面白かったのですが、連載化以降の話もきっちり面白く楽しませてくれるのだからまた嬉しいのです。

舞台は学校の教室、となりの席に座る関くんが教師の目を盗んでは、授業そっちのけで繰り広げる内職の数々。しかし、授業中の内職といえば、早弁だったり他の科目の課題をやったり漫画読んだりするようなものなのですが、関くんの場合は違うのです。単なる暇つぶし程度の小さいスケールの内職ではなく、授業中というスリリングな環境下の中でこそ生まれる想像の斜め上をゆく突拍子のなさ! 授業中に机の上でドミノを作り始めるわ、砂山で棒倒しを始めるわ、こっくりさんをやり始めるわでその行動は予測不能なフリーダム。将棋やチェスをやり始めるにしても、通常のルールに縛られない自由な発想で繰り広げられるそれは、見る者すべてがツッコミをいれたくなるようなモノばかりなのです。

この作者、森繁拓真さんの実姉は『ママはテンパリスト』や『海月姫』の作者でもある東村アキコさんなのですが、帯にその姉から「漫画史上、最高の地味!! 授業中こそこそ遊ぶだけ!!」とコメントが寄せられています。確かに、その通りだから何も言えないのですが、この動きのない地味な漫画なのに、これほどまでに面白く楽しめるるのは、やはり作者の力量によるところが大きいと思うのですよ。この作者から生み出される読者の予想を裏切る関くんの破天荒さこそが、この漫画最大の持ち味なのです。

またそれと同時にこの漫画を面白くしている要因として、関くんのとなりの席に座る女子、横井さんの存在を忘れてはなりません。本編中で関くんはまったく台詞を発しないのですが、その代わりにこの横井さんによる果てしない突っ込みのオンパレードで埋め尽くされています。そして、この横井さんがね、ものすごく可愛いんですよ!

授業に集中しようとするもののとなりの席の関くんの内職が気になりまくって、注意したくてしょうがない。しかし、注意しようと思っていたはずなのに、結果として関くんの内職を一番熱心見入っているのが横井さんになっているというこの矛盾。まさにミイラ取りがミイラに! そんな横井さんを横目に素っ気ない関くん。ますますツッコミをいれようと躍起になる横井さん。ここから横井さんの全力空回りライフが始まるんですよ!


もうね、この横井さんの空回りっぷりというか振り回されっぷりが可愛いのなんの。端から見れば、間違いなく横井さんが関くんの事を意識しまくってちょっかいかけてる風にしか見えません。そして、あれこれちょっかいかけてみるものの、結果として自爆する方向にハマっていくのもまた可愛いのです! また考えようによっては、普段素っ気ない態度の関くんも、実は横井さんの気を引きたいがために様々な内職に励んでいるという見方も出来るわけで、そうすると途端に立ち上がってくるラブコメの空気! まぁ、そんな妄想もおいしく頂ける二人の関係性は、やはり素晴らしいんですよね。


あと、森繁拓真さんの描くスカートの質感が妙にそそられるモノがあって好きです。何とも薄そうな素材のスカートと足という組み合わせにドキドキさせられているのは自分だけでしょうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

面白い 面白い 面白い
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック