ここから始まる、はなまるな3Pエンド一直線(希望)、『はなまる幼稚園』10巻

画像
『はなまる幼稚園』10巻 勇人 ヤングガンガンコミックス

「まったく、幼稚園児は最高だぜ!」などと、爽やかな笑みを浮かべながら叫んでしまうような紳士諸君のみなさん、こんにちは。しかし遺憾ながら、この『はなまる幼稚園』10巻において「幼稚園児は最高だぜ!」と呼べるようなシーンは圧倒的に少ないのです。むしろ、10巻以降の話では回が進むにつれ、園児達はどんどん空気化していってしまうのです。

ただですね、これまで園児中心でほのぼのまったり進行で進んできたこの漫画も、園児以外に焦点を移すことによってそれまでとはまた別の面白さが加速し始めているのです。その要素とはズバリ恋愛話。ニヤリング&ローリングで身悶え3回転半を記録させられるような、爆発的破壊力を秘めたそのラブコメ模様! そしてその中心を担うのは当然ながらヒロインである山本先生なのですが、それ以外にもこの10巻に来てその魅力を爆発させた草野先生が参戦してくるのです!

『はなまる幼稚園』山本先生とさつきの二大巨頭に対抗するヒロイン登場!

恋愛対象と言うよりは、職場の同僚にして遊び友達とでも言うべき存在だった草野先生。その草野先生がクリスマス回、そしてホワイトデー回という二つのイベントを経て、この漫画における恋の鞘当て役ヒロインとして大きく飛躍していく様に、もうオレの頬は緩みっぱなしなのです。

 

クリスマス回にしろ、ホワイトデー回にしろ、このふとした拍子に体が密着してしまう嬉しいハプニングからの赤面展開とか、もうどうなんですか! このベタさ加減とかどうなんですか! 王道展開を経て見せてくれるベッタベタな二人の赤面と来たら、オレを軽く身悶えローリングへと誘ってくれるのです。そして、その赤面姿はそれまでのガサツで男勝りな表情とはあまりにもかけ離れており、このギャップ萌えが極限にまで達しているのですよ。まったく、草野先生は最高だぜ!!

また、草野先生が恋の三角関係戦線に名乗りを上げ、猛烈な勢いで追い込んできている一方で、真ヒロインの山本先生も負けておりません。この巻冒頭のエピソードでは相変わらずのぽややんっぷりで色恋沙汰への疎さを発揮していたのですが、この巻ラストではつっちーに対するこれまでとは違う感情を芽生えさせているのです。それはまさしく恋心と呼ぶべきモノで有り、初めての感情に戸惑いを見せる山本先生はやはり可愛すぎるのです!

現在、連載中の展開もそれはそれは盛り上がっており、つっちーを真ん中にした山本先生と草野先生の三角関係恋模様が揺れ動きまくって、オレのニヤリングはとどまるところを知りません! もうね、草野先生も山本先生もどちらか可愛いすぎるので、むしろこのまま、はなまるな3Pエンドだってアリなんじゃないかと。『うそつきパラドクス』も裸足で逃げ出すほどの3Pエンドだってアリなんじゃないかと!

もしくは、どうにも草野先生が山本先生に遠慮しがちな昨今なので、山本先生とつっちーがデートしているのを見て猛烈に嫉妬する草野先生とか見てみたいのです。この漫画のラブコメ要素で圧倒的に足りてないのは嫉妬要素だ。今のはなまる幼稚園に足りないのは、はなまるな修羅場なのです。「俺の山本先生と草野先生が修羅場すぎる」みたいな展開を是非に!

いやいや、山本先生と草野先生にばかり目を向けてばかりでもいけません。忘れてならない最萌妹さつきの存在もあるのですから、むしろさつきも含めたはなまるな重婚エンドでも良いですかね。いわゆる一つのハーレムエンド。いやぁ、夢が広がりますね!(薄い本でやれ

まぁ、そんな妄想はさておき、お話の方はこの恋愛模様も含めて佳境に入っている感もあります。寂しいけど、もうそろそろ終わってしまいそうな雰囲気もしますが、この恋の決着も含めて楽しみにしたいと思います。最近、ヤングガンガンの発売日が待ち遠しくてしょうがないのですよ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック