世界最速当て馬、ヤマケンさんを踏み台にした!?『となりの怪物くん』8巻

画像

『となりの怪物くん』8巻 ろびこ KCデザート

「今一番面白い少女漫画は?」と問われたら、まず真っ先にこの漫画の事をあげます。そう思えるくらいに、最高に面白いのですっ! そして、この8巻ではその面白さがある意味ピークに来ているのですよ。それは物語としてのピークがもう来てしまったという意味ではなく、みんな大好き僕らのアイドルことヤマケンさん的に見てピークが訪れてしまっているのです!

自分はラブコメにおいて報われない片想いをしているキャラというのが大好物で仕方ありません。鉄板の関係の男女がいて、そこに片想いという一方通行の想いを抱えて三角関係を挑んでくるキャラ。登場した時点で負けが確定しており、一縷の望みをかけてアタックするも、待ち受けているのは玉砕と失恋。無謀にアタックするその姿にも、想い届かず失恋の痛みを抱えるその姿にも、切なさ炸裂で強烈な印象を植え付けてくれる報われない片想いキャラ、最高ですよね! ラブコメの三角関係モノにはなくてはならないそんなキャラですが、この『となりの怪物くん』におけるその人とは、約束された失恋キャラ、ヤマケンさんであります!

ヤマケンさんマジヒロインす、ツンデレ極まりすぎっす!『となりの怪物くん』7巻

しかし、重度のツンデレをこじらせてしまっているヤマケンさんですから、好きだと告白するどころか、自分の気持ちさえもなかなか認めない始末。前巻においてようやく自身の気持ちを認めるも、なかなか表だって好きという気持ちを行動にして表さないのです。しかし、それはそれでツンデレとしての面目躍如。ヤマケンさんの本領発揮とも言えましょう。そして、この8巻ではそんなヤマケンさんの逆襲の時がやってくるのです!

 

ハハハ、こやつめ! お前の方がかわいいっての!

私、男だけどヤマケンさんの事大好きです。 なんなんだよもう、可愛すぎるっちゅーねん! このかわいい生き物は何事ですかと。 このツンデレキャラは何事ですかと。雫の言動一つ一つに振り回されて、怒ったり赤面したりしている様の可愛さは何事ですかと。そもそもクールなキャラのはずなのに、そんなイメージされる部分とは全く違う一面を見せ始めている様が、もうたまらなく愛らしいのです。

そして、今巻最大の見せ場はなんと言ってもヤマケンさんの雫への告白ですよ。このまま告白しないでダラダラと三角関係を続けていき、恋の鞘当てを続けるのもそれはそれで幸せな日々かと思われたのですが、そうは問屋が卸しません。雫とハルの関係が急速に接近する事に業を煮やしたヤマケンさんは、見切り発車的に勢いのままに告白してしまうのです。そして、そんなヤマケンさんの告白に対する雫の答えはというと……。


ば、ばっさりだーー!!

告白してから振られるまでに、わずか1ページもない、このばっさり具合! ヤマケンさんが告白したという一大事の余韻を味わう暇もなく、玄関開けたら2分でご飯どころでもなく、告白した次のページをめくれば1秒で玉砕、ページをめくれば1秒かからずに玉砕ですよ! そして、そんなヤマケンさんの告白が引き金となり、雫とハルがとうとう気持ちを通じ合わせ、つきあい始める事になるというおまけ付き。ヤマケンさん当て馬! ヤマケンさんマジ当て馬! ヤマケンさん世界最速当て馬! この当て馬の速さにもはや誰も追いつけねええっ!

もうね、このヤマケンさんと来たら完全に踏み台ですよ。雫とハルの関係を当の二人に再確認させて結ばせるための踏み台としか言えない! しかし、そんな踏み台で当て馬な役回りをさせられる事になろうとも、ヤマケンさんの魅力が落ちる事はありません。むしろ、報われない片想いキャラとしてはこの瞬間、最高の輝きを放っていたのは間違いない事実なのです!


ヤマケンさんは滅びぬ、何度だってよみがえるさ!

雫に振られたからといって、雫とハルがつきあう事になったからといって、ヤマケンさんが引く事はありません。ヤマケンさんの変身はまだ2回くらい残っているはず。第2第3のヤマケンさんが現れて必ずやってくれるはず。DAIさん帝国は世界最速当て馬ヤマケンさんを応援しています!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック