身悶え系どころか身震い系ラブコメだよ決定版!『こはるの日々』3巻

画像

『こはるの日々』3巻 大城ようこう アフタヌーンKC

もはやこの可愛い表紙絵は詐欺ですよ!と訴えたくなるような第3巻。つきあい始めた二人に訪れる試練……というか、むしろ試されているのは我々読者なのか!? いや、1巻目を読んだ時点から分かっていたことなのですが、3巻目にして圧倒的に試されているのです。この純愛模様と表裏一体のヤンデレ模様に!

ヒロインのこはるのそのピュアな想いは当初より圧倒的なものがあったのですが、それは時として強すぎるものでありました。しかし、その強さは捉えようによっては愛の深さでもあり、捉えようによっては愛の重さでもあるのです。それはまさに天秤の針が左右に揺れ動くかのようなものであり、この漫画の展開もまたその針の揺らぎのように左右に揺れ動いてきたと言っても過言ではありません。このこはるというヒロインの愛の強さをどのように計っていいのか。ピュアすぎるだけなのか、ヤンデレなのか。

しかも、平時でさえそんな状態であるというのに、そこに二人の関係を脅かす恋のライバルが投入されるものだから、これで何も起こらないわけがない!

 

重い、愛が重い! つーか、痛い、怖い! 途中から終始ヤンデレ目状態と化したこはるの一挙手一投足があまりにも重すぎます。もはや、天秤の針はヤンデレ方向へ傾いていく一方。もはや、この思いが純愛であったと言えた時代などは過去のもの。

主人公の後輩にして幼なじみキャラの登場により、こはるのヤンデレ化は加速。そして、幼稚園の頃に主人公とその後輩がファーストキスを済ませていたという事実を知ったこはるは大胆な犯行に及ぶわけです。


主人公のファーストキスを返して貰うべく、間接キスでもいいからとその後輩女子の唇を奪うという凶行を! ヒー、怖い、怖すぎます。身悶えるどころか身震いしか出来ませんよ。この辺りの展開のヤンデレ展開は極まりすぎてます! ピュアすぎる故なのか、周りが見えなくなっているせいなのか、直情径行にも程がある!

しかし、こはるにそんな行動をとらせた原因は主人公にあるわけで、主人公がこはるのことを好きな理由を即答できずに曖昧な返答をした事によって、こはるのヤンデレ化は加速していったのです。ボタンの掛け違えというにはあまりにも度が過ぎているけど、こはるの病みっぷりはそこから始まったのです。

ピュアすぎる想いは、裏返せば病んでしまうほどの強い想い。ただ、だからこそ、そのボタンの掛け違えを直してやることが出来ればヤンデレ化を阻止できるわけで、そんな展開がこの3巻のラストには待ち受けていました。かなりの力業のような気もするけど、このままヤンデレ道を突き進んでしまうのは怖すぎるので元に戻って良かった。天秤の針はヤンデレ方面に振り切れそうだったけど、どうにかこうにか持ち直して本当に良かった!

しかしまぁ、今後も油断できないのは当然のことで、この吊り橋効果のごときドキドキ感にどうにも目が離せないのです。こはるのヤンデレ化が先か、ピュアすぎる想いを受け切り尽くすのが先か、今後も気になる漫画でありますよ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック