今月末はこの雑誌のラブコメ読んでニヤニヤしておこうぜ!


『きっと可愛い女の子だから』 柳本光晴 ビッグガンガン2012年Vol.9

3号連続掲載の恋愛オムニバス読み切りの3回目。最近のビッグガンガンはかなり面白い漫画揃いで個人的嗜好にフィットするのですが、その中でもこの漫画は特に素晴らしい。読み切りで終わってしまうのは余りにももったいないと思っていたら、今後も掲載が決まったようで何よりです。作者は同人サークルTTTのミハルさんと言った方が分かる方も多いかもしれませんが、この方の描く日菜子さんシリーズやハルヒ漫画の身悶えニヤリング度合いは半端ないのですよ。そして、今回の読み切りシリーズもまた、そんな同人誌で見られた漫画の魅力が存分に発揮されている話だったのです。

1回目ではギャル、2回目は30代年増女教師と、ことごとく通常のラブコメヒロインとは大きくストライクゾーンを外してきているこのシリーズなのですが、それでいて最終的にはドストライクのラブコメを展開させてしまうストーリーがとにかく素晴らしい。これがもうニヤリングなしでは見られない面白さ。それは今回の話もまた同じなのです。

今回のヒロインはクラスで目立たない系の女子という、過去2回のヒロインに比べればインパクトは薄いのですが、その分王道な展開を見せてくれます。付き合っている彼氏が自分以外の女の子と仲良さげにしているのを見て仄暗い嫉妬の感情を芽生えさせて悶々としたりもするのですが、そんな感情さえも強烈に上書きしてしまう彼女の本心の吐露と彼氏の行動が何とも言えずニヤリングへと誘うのですよ。振られた女の子の心理描写なんかも巧みで、一粒で何度でも美味しい至高のラブコメでありました。これは次回作も楽しみだ!



『げんしけん二代目』 木尾士目 アフタヌーン2012年10月号

今月のげんしけんがヤバイですよ! なんですか、この急展開と濃厚さ。盆と正月がいっぺんに来たかのように立て続けにイベントが起きすぎて読んでる自分としては嬉しい悲鳴です。っていうかですね、やはり自分はこの漫画に対して斑目に感情移入して読んでるんですよ。波戸くんや二代目メンバーのやりとりもそれはそれで楽しめているのですが、やはり初代のメンバーに思い入れもあり、特に二代目になってさえなお成長している風でもなくモラトリアムの延長線上にいる斑目の動向こそ気になるのです。斑目がいろんな意味でこのげんしけんから卒業できるのか、童貞から卒業して楽園に掲載されている『Spotted Flower』の展開にどのようにして至るのか、もうそれだけが気になるのですよ!

あと、今回の話において波戸くんの存在感が半端なかった。もはや彼が男である事実とかなんかどうでもよくなってきたような。



『今日のユイコさん』 秀河憲伸 アフタヌーン2012年10月号

今、アフタヌーンで何気に一番気に入っている漫画、それがこの『今日のユイコさん』です。いつの間にか始まってて、いつの間にか好きになっていた、ショート漫画ラブコメなのですが、これがまたよいニヤリング分を放出してくれるのですよ。相思相愛のカップル二人のお話なのですが、ヒロインのユイコさんが意地っ張りの頑固の不器用でちょっと面倒くさい感じのする娘なんですよ。そんな彼女の性格ゆえに巻き起こるラブコメ模様が何とも頬を緩ませてくれるラブコメっぷりを見せてくれるのです。

今月は二本立てだったのですが、とにかく二本目の話の悶絶赤面具合が群を抜いて素晴らしかった! 特にラストページの展開とか、もうどうなんですか。「魔法……かかっちゃった」って! もう、あのセリフとあのページを見てるだけで30分くらいはニヤニヤし続ける自信はあるくらいの破壊力。「魔法……かかっちゃった」ってもう!(吐血)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック