ひぐらしのなく頃に舞台探訪



オヤシロ様の祟りによってオレの車がこんな事に!

昨日は『ひぐらしのなく頃に』の舞台である白川郷に行って来たのですが、その初っ端の雛見沢分校のモデルの場所で豪快に脱輪、横転寸前のコンボ炸裂。目の前に道があると思って直進していったらいつの間にか道がなくなっていた。何を言ってるのかわからねーと思うが(以下略

とりあえず同乗していた志摩さんにあずまんが大王のゆかり車並のトラウマを植え付けることには成功できました(ぉぃ

その後、押したりバッグしたりで何とか自力で脱出出来たので良かったですが、45度くらいに傾いた車を運転するという貴重な経験をつむことが出来ましたよ。車も外観的には特に問題なさそうなんで良かったです。



そんなこんなでひぐらしの舞台探訪。自分は過去に何度も来ているので、今回は案内役的な感じで。生憎の雨模様でしたが、合掌作りの家々の背に霧がかかっている山々という風景が何とも幻想的で、蟲師的世界観も感じられて、これはこれで良かったですよ。



あと古手神社のモデルとなった白川八幡神社に行ったのですが、



なんか絵馬がひぐらし関連の物ばっかりなんですけど!

木崎湖の海ノ口駅の駅ノートがおねてぃ関連で埋め尽くされていったかのように、この古手神社の絵馬も大半がひぐらし関連のネタで占められているという聖地巡礼パワー。見てみると、結構レベルの高い絵がちらほら見られて、絵師さんの多くもこの地を訪れているんだなぁと。



白川郷は世界遺産にもなって観光地化が進んでおり、週末ともなると観光客が大挙として押し寄せてきておりますが、それでもこれだけの規模で合掌集落が残っているというのはやはりすごいなぁと。田植えのすんだ後の水田と合掌造りの家々という光景も今の時期ならでは良かったです。

当サイトによる過去のひぐらし舞台探訪記(2005/5/15)
当サイトによる過去のひぐらし舞台探訪記金属バッド編(2006/9/11)

"ひぐらしのなく頃に舞台探訪" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント