「けいおん大好きー!」と叫びながら振り返る、オレ内部ランキング!

『けいおん!』の提供画面の水玉を見るたびに、水玉ぱんつしか連想できない皆様こんにちは。『けいおん!』の放映が終了した昨今いかがお過ごしでしょうか。

先日、BS-TBSでの全13話の放映も終了した『けいおん!』ですが、これを機に1話から見直していたら自分の中でまた波がやってきたので、その勢いに任せてオレ内部における各話エピソードのランキングでも書いておこうかと思います。


13位 第11話 「ピンチ!」

いやいや、べつに最下位だからといってこの話が嫌いという訳じゃないんですよ。むしろ、好きではあるんですが、このアニメってどの話も良質でレベルが高いので下位の方はほぼ同率と言ってもいいくらいですし。

幼馴染みの律と澪の間に、突如割って入ってきた和の存在が、律の嫉妬心に炎を付けた、という内容。それまでのお気楽脳天気なノリとは毛色が違って違和感があったのは確か。でも律と澪の関係性を描くという意味では深く突っ込んでいた内容ですし、喧嘩するからこそ仲直りしたときのラブラブっぷりが引き立つというモノですよ。


12位 第2話 「楽器!」

「もうひとこえー!」。この楽しげに声を上げるムギお嬢様の愛らしいこと。世間離れしたお嬢様であるムギですが、それが世俗に触れて楽しげにしている表情というのが、このアニメでは嫌みなく描かれていますよね。一歩間違えれば単なる世間ずれしたキャラですが、誰からも愛されるキャラになるよう腐心して描かれているのが見て取れます。この値切りのシーンもお嬢様という地位を利用しているというよりは、普通の人と同じ事をしてみたいというお嬢様なりの子供じみた好奇心からという方が強いというのが見て取れるので、逆に微笑ましくも思えるわけです。番外編まで見終わった今となると、このアニメはムギの成長物語としての側面も見えてきて面白いですよ。


11位 第9話 「新入部員!」

ネコ耳をつけたあずにゃんに対しての歓迎の意を表するメンバー一同。何が良いって、ムギのこのポーズがたまらなく好きなのです。10話の海合宿でも、ボール遊びをするのを眺めながら両手を振っているムギという描写がありましたが、時折見せるムギのこういう子供っぽいお茶目さはすごく好きですね。

あずにゃんのネコ耳姿がインパクト大のこの9話ですが、全体としてみるとメンバーに染まりきれないあずにゃんの浮きっぷりが目立つ話かと。だが、それ故に軽音部の演奏の良さをあずさが再認識する話でもあり、澪の言う「このメンバーでバンドするのが楽しいんだと思う」というセリフにすべてが集約されてくるのかと。


10位 第3話 「特訓!」

視聴者の連想する唯のイメージって「あほの子」であることは間違いないと思うのですが、部員達の持つ唯のイメージも、そのまんま「あほの子」であるというのが証明されたシーン。しかも妹の憂にまで持つイメージがこれって。このシーンでの「いもうとー」「おねぇいちゃはーん」の声がもう好きすぎてしょうがないのですが!

あと3話だと律の前回り受け身突入に連なるシーンが好きすぎます。3連続突入の律のボケに対する的確な澪のツッコミがたまりません。律と澪のボケとツッコミが冴え渡る。「いえーい、私だよん!」の律が特に好きですね。


9位 第10話 「また合宿!」

「お姉ちゃんって温かくて気持ちいいでしょう」。もうね、憂はどれだけお姉ちゃんのことが好きであれば気がすむんだと。素晴らしすぎるので、その思い、行き着くとこまでいっちゃってください。そして、そんな憂の言動に引き気味でいたあずにゃんでしたが、合宿を通して唯の魅力に徐々にやられていき、最終的に打ちのめされてしまったのが辛抱たまらん訳です。憂の「お姉ちゃんって温かいよねぇ」の言葉に恥ずかしがりながらも頷くあずにゃんと来たらっ。これぞソフト百合の醍醐味やでー!


8位 第1話 「廃部!」

もうね、この1話を見た時点からオレは唯の虜な訳ですよ。この1話をまるっと通して描かれる唯のあほの子っぷりの可愛さと来たらどうですか。うんたんとカスタネットを叩く姿も、Blu-ray発売告知のCMで口に食べ物を頬張りつつ「さぁ?」と言い放つ唯のあほの子っぷりも、1話ラストで夢見がちに足をブラブラさせながらいる唯の姿も、そのどれもが素晴らしくあほの子で、大層愛らしく、とてつもなく可愛いのです。またこの1話があるからこそ、唯の成長ストーリーとして活きてくるわけですし、最終話が活きてくるのもまた素晴らしいですよね。

あと唯が初めて3人の演奏を見て「上手くないけど楽しそう」と思った感情こそ、この物語の主題でもあり、楽しんで演奏する姿は見てる者も幸せで楽しい気分にさせてくれるという部分に通じてくるんですよ。


7位 番外編 「冬の日!」

律ー、オレだー、結婚してくれー!

唯一筋の自分ですが、この回の律っちゃん隊員の可愛さだけには白旗を上げねばならない。このアニメに男の影はいらないと言う人もいるでしょうが、男の影があったからこそ、この乙女な律っちゃんの姿が見られたのであり、問題ないと言わざるを得ないでしょう。澪とセットで語られることの多い律ですが、この話では完全に律一人だけの魅力だけで押し切ってくれましたしね。髪を下ろした律っちゃん可愛い。

全体的に動きのない話でしたが、とある冬の日の日常といった感じがよく出ており、何より唯以外の各キャラの成長という部分も垣間見えて良かったんじゃないかと。ムギがバイトに挑戦する姿には感慨深くも思えましたしね。


6位 第6話 「学園祭!」

学祭で一曲演奏しきった後のこの満足そうな表情。唯のこのやり終えた感のある「どや!」表情ってものすごく好きなんですよ。他にも、OPラストの演奏終わった所とかもそうですし、眉をつり上げて満足げな表情を浮かべる唯のどや顔が大好きです。6話では終始だみ声でしたがそれすらも愛らしく、声優さんの力が発揮されてました。豊崎さんの演じるあほの子はホントに可愛くて好きになれますね。

学祭の演奏シーンで「ふわふわ時間」初お披露目。やはり音楽モノにおける演奏シーンは盛り上がるというもの。PVっぽかったのは少々残念でしたが。


5位 第8話 「新歓!」

あずにゃんのこの背伸びをしながら見つめているシーンがすごくいいんですよ。新勧活動では思ったほどの成果を上げられなかった軽音部。普段の軽音部を見てると確かに放課後にお茶してダラダラしてるだけという印象なんだけど、一度ステージにあがればこの通り、多くの人を魅了してしまう訳です。その原動力はやはり4人が楽しんでいるという事に他ならないのですが。

憂に軽音部の良いところを聞かれて「楽しいところ」と答える唯。「楽しいは楽しいだよ」と答える唯にしてみれば放課後もステージ上も変わらず楽しい場なんでしょうね。そしてそれが見る者にも伝わるからこそ心を打つのかも。

しかし、昔の唯はダラダラと床を転がってアイスをねだっていたというのに、成長したもんです。初お披露目の「私の恋はホッチキス」も良かった。澪と唯のダブルボーカルもね。


4位 第4話 「合宿!」

海だ、水着だ、合宿だということで、サービスてんこ盛りな回。お風呂シーンもあれば、澪のメイド服で萌え萌えキュンもあり。しかし、だからといってこの話の評価が高くなっているわけでなく、個人的に強く推したいのは花火をバックに唯が演奏するシーンなんですよ。もう、どうですかこの唯の楽しそうな表情。この唯の表情を見て澪も頬を赤らめたりしちゃったりするんですが、唯の魅力はこの楽しそうにしている感情が、見ている者にダイレクトに伝わる所だと思うんですよ。事実、オレもこのシーンを見てとにかくもうニヤリングが収まらないわけで。唯にとっては技術だ、練習だ、何だということよりも今この瞬間を楽しんでいるという事の方が大事なんでしょうね。天才肌のあほの子である唯だからこそ許される事なんでしょうが。


3位 第5話 「顧問!」

さわちゃんの本性がばれて顧問になったり、ムギの本性がばれて百合スキーと判明したりと、色々あったこの話ですが、一番の見所はやはりボーカルを誰かと決めるときの律と唯の会話シーンでしょう。もうどれだけ可愛いんだ、この唯は!

必死にボーカルになりたいとアピールする唯の百面相っぷりと、そのあほの子っぷりの極まり方が愛おしすぎます。最終的にこの指をモジモジさせるシーンでの唯の可愛さが半端なさ過ぎ。ここでオレの唯へのメロメロっぷりが一つのピークに達するわけです。あと、ムギの「どんと来いでーす」の発音も好きすぎてどうしようかと。


2位 第7話 「クリスマス!」

この平沢姉妹のラブラブ百合っぷりを前にしてオレのニヤニヤ時間を止める術はなし!

もうね、どんだけ愛し合ってるんだこの姉妹は。二人で一つのマフラーをして手袋のない唯の手を憂が暖めてあげるというこのシーンのニヤリング誘発具合と来たら、それはもう半端ないことにっ。憂のお姉ちゃん好き好きオーラは以前から発揮されまくっておりましたが、この回におけるそのオーラは尋常ならざるモノがあったかなと。そして、オレはこの回を見続けている間、常時ニヤリングし続ける訳です。

平沢姉妹のラブラブっぷり以外にも、メーテルっぽい私服のムギとか、マンボウのモノマネをするムギとか、ムギの違った面を見ることが出来たのも嬉しかったかも。


1位 最終回 「軽音!」

オレ内部においては2位を大きく引き離しての第1位。間違いなくこの最終回こそが『けいおん!』最高の回でした。何はなくとも最後の学園祭ステージ。訳もなく涙がこぼれ落ちてくるようなこの高揚感と多幸感。1話との比較で唯の成長がストレートに伝わってくる内容も、唯がいてこその軽音部であるという「ふわふわ時間」の演奏も、何もかもが素晴らしい。思いっきり楽しそうに演奏して歌う唯の表情を見ていると、嬉しくて幸せでたまらなくなって涙が出てくる位なんですよ。「楽しい」をテーマとして貫いてきたこのアニメ。最後の最後に唯の「楽しい」に自分自身も触れることが出来、「楽しい」が見てる人全てに伝播していく感じを体験できたのが嬉しかったのです。

この演奏を講堂の後ろ側で新勧の時に見学に来てた娘が憂と一緒に見てたじゃないですか。その表情は、見学の時とはうって変わって興奮して紅潮している表情なわけです。このシーンってものすごく好きなのですが、これはつまり見学の時には伝わらなかったけど、今この演奏においてはこの娘に届いているという表れでもある訳じゃないですか。なんだか、それだけで無性に嬉しく思えてくるのです。

最終回は他にも見所たくさんで、ムギのたくわんに、先頭を切ってアンコールに突入するムギ、憂の変装に、あとは何と言っても唯の事を心配するあずにゃん。唯が学祭当日に戻ってきて、抱き合う二人の会話の極限的百合世界がもう辛抱たまらなさすぎでした。後ろから唯に抱きつかれて少しだけ本音を漏らすあずにゃんが可愛すぎるっ!!


といった感じのオレ内部ランキングでした。順位付けは下位にいくほどアバウトというか、それほど大差なくみんな良い話であることには間違いないと思うので。今週は劇中歌ミニアルバム「放課後ティータイム」も出ますし、来週にはDVD1巻も出ますし、まだまだ熱は冷めやらない感じですね。

これだけの人気を誇った作品でもあるので、是非2期を希望したいと所であります。それでは最後はお約束の一言で締めましょう。

「けいおん、大好きー!!」

"「けいおん大好きー!」と叫びながら振り返る、オレ内部ランキング!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント