『恋愛ラボ』『みそララ』など、宮原るり漫画の舞台は岐阜!

『恋愛ラボ』や『みそララ』などの宮原るり漫画によく登場する地名があります。その名も岐穂。他にも大里や夏原などの地名も出てきますが、これらは岐阜県の都市がモデルとされていると思われます。岐穂は岐阜、大里は大垣、夏原は各務ヶ原なんじゃないかと。ただ、これまでは地名が登場するだけで、実在の場所が背景に出てくることは少なかったのですが、ここ最近の『恋愛ラボ』の連載で実在の場所が背景で登場してきたんですよ。

 

その場所は岐阜駅前の金の信長像。

ちょうど『恋愛ラボ』4巻の流れを受けて、モテるという嘘がばれたリコがお詫びにケーキをおごるということで、休日に生徒会メンバーと待ち合わせするというエピソードが現在連載中の本誌で展開されているのですが、その待ち合わせ場所がこの岐阜駅前の信長像だったのです。

 

 

金ぴかで目立つので待ち合わせの場所には最適なんでしょうが、実際にここが待ち合わせスポットとして有名なのかどうかはよく分かりません。そもそもこの銅像自体、昨年9月に建てられたばかりで新しいんですよね。

 

 

あと、リコとマキが会話している駅前のバスターミナルもそっくりそのまんまです。

 

また『恋愛ラボ』だけでなく、『みそララ』でも岐穂の地名は出てきます。宮原るり漫画の世界は、作品が違えど同じ場所が舞台となっているのはファンならば知っているところ。実際、『恋愛ラボ』と『みそララ』のキャラが互いに交流しているシーンも漫画内で描かれておりますしね。そしてその共通の舞台がこの岐穂市であり、実際の岐阜市なのです。

こちらは『みそララ』2巻で小旅行の記事を書くというエピソード時に、取材旅行の待ち合わせ場所となった岐穂駅。実在の岐阜駅とは細部が違いますが、モチーフにしたというのは見比べてみるとよく分かります。ちなみにこの時の小旅行先は飛騨高山でしょうね。

また3巻にあった街頭アンケートのエピソードもこの岐阜駅前で行われていたと思われますし、随所随所に岐阜っぽさが隠されているのも面白いです。岐阜で有名な作品舞台というと、ひぐらしの白川郷が有名ですが、山間部でなく都市部での舞台となると思いつくところはないので、この漫画が岐阜を舞台にしているというのは非常に貴重なところ。岐阜県民ではないけど、比較的近くに住む東海民としても嬉しいところですよ。

"『恋愛ラボ』『みそララ』など、宮原るり漫画の舞台は岐阜!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント