祝、アニメ化!祝、斑目さんモテキ到来!『げんしけん二代目』84話


『げんしけん二代目』第84話 木尾士目 アフタヌーン2013年3月号

何はともあれアニメ化ですよ! これはめでたい。そして嬉しいことこの上ない。声が付いて動く波戸くんが見られるのが待ち遠しい限りですよ。しかし、代替わりして初期とはサークルメンバーもがらっと変わった二代目の現視研でも、未だに登場し続ける人気キャラこと斑目さんの活躍にアニメにも期待したいところではあります。

そして本編の方でも圧倒的な斑目無双状態。咲への告白未遂エピソードの盛り上がりにしろ、前号の会社辞める発言にしても、いつも話題の中心は斑目さんですよ。もはやサークルメンバーでもないのに、部室に居続ける斑目さんこそがこのマンガの主人公! そもそも、オタク男子サークルであった現視研が、今となっては完全なる腐女子サークルとなっており、オタク男子読者としても微妙な居心地の悪さみたいな物を感じるのですが、そこに斑目さんがいるだけで安心できるのです。斑目さんに自己投影して、斑目さんの目を通して、この二代目現視研サークルを見ている的な感覚もあるんですよ。

そして現在のサークル状況といえば、男一人に女性多数というこの配置。とりあえず、クッチーのことは置いておいて。ある意味ハーレム的お約束シチュエーションでもありますが、このマンガに限ってそんなことはあり得ないと思っていたら、まさかの展開が!!

 

まさか、まさかの斑目さんのモテキ到来! ってか、赤面波戸くん可愛すぎるでしょ。もう、どういうことなんですか、これっ! しかも、スーまで、この赤面顔! これはもうニヤける以外に道はなし。まさに咲が言っていたとおりの展開、斑目さんの時代が今まさに到来しているのです。

それにしても、今回の波戸くんの可愛さは度が過ぎていました。目覚めそうになります。ハト×マダ的なBL展開はそこまで待ち望んでいるわけでもありませんでしたが、マダ×ハト展開は充分にありなんじゃないかと。波戸くんが男の娘ヒロインとして立ち上がってくるのであれば斑目攻めな需要は確実にあるはず!

そしてここにスーまでもが絡んでくるとなると、まさにお約束のサークル内恋愛のイザコザへの期待感が? まさか、ここに来て斑目さんがサークルクラッシャーとして中心人物になってしまう展開もあるんですか!? いやはや、今後の展開から目が離せないところでありますね。

"祝、アニメ化!祝、斑目さんモテキ到来!『げんしけん二代目』84話" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント