漫画版『ビブリア古書堂の事件手帖』を読んで今更ながらに面白さを堪能

画像

『ビブリア古書堂の事件手帖』2巻 交田稜/三上延 アフタヌーンKC

何でも原作はメディアワークス文庫初のミリオンセラーだそうで、テレビドラマが良くも悪くも話題になった作品ですよね、程度の知識しか持ってませんでした。どうにも、小説に対するアンテナが低くて原作知識が全くなかったのですが、ふとしたきっかけでグッドアフタヌーンで連載されていたコミカライズを読んだんですよ。そうしたら、もうすっかりその面白さの虜です。なるほど、これだけ人気のある作品だと頷かされる面白さだったのです。

古本屋の店主である栞子さんが、本にまつわるアレコレや、本に関わる人々の謎を解き明かしていくミステリー作品。栞子さんは怪我をしており病院生活なのですが、その病室から一歩も出ることなく、人の話を聞くだけで日常の中に潜む謎を次々と解明してきます。その様子は安楽椅子探偵そのもの。しかし、この物語は栞子さんが謎をズバズバ解明していくことの爽快感が売りと言うよりは、古書にまつわる蘊蓄や古書に関わる人間模様の謎を解き明かしていく物語としての面白さに魅力がありますよね。

また、そんなミステリーとしての魅力もさることながら、やはりヒロインである栞子さんの魅力が圧倒的に強いというのもこの作品の推すべき点であると思います。


古書に関することを語らせればそれはもう饒舌で、謎解きに関してもその切れ味はものすごく鋭いのに、いざ本以外の事となるとしどろもどろになる鈍くささを発揮。そして何よりこの見た目ですよ。黒髪ロングのメガネ姿。そしてこのおっぱい。良いものをお持ちですね、これは!

そんな栞子さんが、アタフタしたり、キリッとしたり、状況によって全く違う顔を見せてくれるのが読者としては非常に楽しいのです。また、この漫画版では栞子さんのそんな二面性を上手く描いているだけでなく、ストーリーの演出的な部分でも緩急ある見せ方をしており上手いなぁと思わせるのです。


例えばこのシーン。ホステスの彼女が旦那との馴れ初めを栞子さんに語って聞かせるシーンなのですが、過去の回想話の中にちゃっかり栞子さんが登場して、性的にストーレートな話に赤面しているというこの描き方。謎解きでキリッとした表情を見せる一方で、時にこうしたコミカルな演出もあり、緩急あるストーリーの見せ方によって飽きの来ない部分はあります。

原作本来のストーリーの面白さももちろんあるんでしょうが、漫画としても見せ方の上手さを心得ていて、原作未読で漫画から入ってきた自分のような読者でも楽しめるのは非常に嬉しいところですよ。原作未読の方はこの機会にこの漫画版から入ってみるのもいいかもしれませんね。

毎日が温泉回というこの発想の転換!『温泉ドラゴン王国』1巻

画像

『温泉ドラゴン王国』1巻 山川進/児玉酉 オーバーラップ文庫

普段漫画の感想くらいしか書いてないのに、唐突にラノベの感想を書き出すので何事かと思われるかもしれませんが、編集の平和さんに「温泉好きの君にこの本をあげよう」と本を貰ったので、それじゃステマでもしようかなどと思い立った次第です。いや、公言してる時点でステマでも何でもありませんが!

お話はそのタイトル通りに温泉とドラゴンが出てくるファンタジーなドタバタコメディ。お色気あり、コメディアあり、バトルありと、ゆるーく楽しめるお話になっております。ただ、前半部分は少々退屈な部分もあって、登場人物達の紹介や、この温泉世界の設定案内などが描かれる部分は盛り上がり的に弱い部分はありました。ただ、キャラが出揃ってからの後半部分はグッと面白くなるんですよね。

そもそも、アニメや漫画に温泉回って必ずあるじゃないですか。いや、必ずあるとは限りませんが、大概あるものじゃないですか。どれだけ凄惨なバトル展開が続いても、ひとたびカポーンと風呂桶が鳴る音が響けば、箸休め的サービス回が始まる合図なのです。日本人の心に染み込む温泉文化は、アニメや漫画の中でも温泉回として、我々のDNAに刻み込まれているものなのです。温泉回を欲するのは日本人として当然のこと!

ただ、そんな温泉回って大抵物語の中盤から後半にあるじゃないですか。アニメで言えばシリアス展開に入る前の最後のお気楽回的なポジション。物語が中盤まで進みキャラが出揃っているからこそ、温泉回の意義は大きくなると思うのです。

この作品『温泉ドラゴン王国』では、開幕ダッシュで温泉回が止めどなく投入されていきますが、やはり前半より後半のキャラがそろい踏みした状態の方が圧倒的に楽しいのです。主人公を中心に、混浴で大きいおっぱいから小さいおっぱいまでより取り見取りで押し付け合いながらイチャイチャする展開、これが至高であると! そういう意味では、今後どんどんキャラが増えていって美少女わんさか混浴コメディ化されるのに期待が高まります。

あと、温泉回の後に来るシリアス展開って逆にガッカリしてしまう場合もあるのですが、この作品の場合むしろシリアス展開になってからが面白いのです。いや、最後の章では実際に戦争しているのでシリアス展開のはずなんですが、シリアスに全くなってないからこそ面白い。前半の伏線を上手く回収しつつネタとして放出している戦争展開がまったく緊迫感がなくて、この作品に非常に合っていて面白いのです。

あと、温泉好きの一人として非常に面白かったのはキャラ名が温泉地由来になっていることですね。主人公アリマ(有馬温泉)、その姉ユフィ(湯布院温泉)、その父ドーゴ(道後温泉)、ヒロインのハナ・マキ(花巻温泉)、ロリババァのミササ(三朝温泉)、将軍イブスキ(指宿温泉)などなど、知っている温泉名が出てくるとそれだけでニヤリと出来るのが嬉しいですね。

ただ、一人だけ名前が出てこなかった国境警備隊隊長がちょっと気になるところです。主人公の住むユ国の人間は温泉地名由来の名前が多いだけに、この隊長だけ名前が出てこないのが逆に気になるというか。隣国の皇帝バベルも温泉地名由来じゃないですし、何か関係あるのかなぁなどと思いを巡らせるのも楽しいものです。

そんなこんなで温泉を舞台にしたファンタジーコメディ。前半はダレる部分も感じましたが、後半の展開はとても面白かったです。そして、今後さらなる温泉回が繰り出されるとなると期待も高まりますね。

今週の『ニセコイ』、小野寺さんの血を引く妹もまた圧倒的ラブコメヒロインであったか


『ニセコイ』第76話 古味直志 週刊少年ジャンプ27号

遂に発表されましたね、ニセコイアニメ化! 何はなくともめでたい限りです。動く小野寺さん、喋る小野寺さん、モブキャラ化する小野寺さん、全く画面に登場しない小野寺さん、ありとあらゆる小野寺さんをテレビでも堪能出来るなんて、それはもう嬉しいことですよ。続報を心待ちにしつつ、アニメの放映を楽しみに待ちたいところですね。

そして今週のジャンプではそれを祝してか、表紙カラーに、巻頭見開きカラーとニセコイ三昧。そして、この巻頭カラーのドレスアップした各キャラが素晴らしすぎます! 肌の露出が高いこの肌色率の高さと来たらねっ。ってか、小野寺さんのこの頑張ってる具合はどうしたんですか。大丈夫ですか、小野寺さん。千棘の後ろに控えながらも圧倒的に存在感出してるその胸元はだけ具合とか頑張りすぎです! これは扉絵で頑張り過ぎちゃって本編では出てこなくなってしまう、いつものアレなんですか!?

などと思ってましたが、本編は先週から引き続き妹寺さん編であり、小野寺姉妹が圧倒的存在感を発揮しているのです。


妹寺さんのパパパパパンツ!(2週連続2度目)

まぁ、クマさんパンツといいつつ、読者の我々には見えてないんですがね! しかし、先週のスカート大解放に引き続きまさか今週も同じ展開が来るとは。これはもう、妹寺さんのキャラ付けとして、事あるごとに楽の前でスカートがめくれて、お子様パンツを見られた挙げ句からかわれるという黄金展開が毎週のように繰り広げられるという事なんでしょうか。約束された勝利のお子様パンツですか!


そして妹寺さんのパンツだけに飽き足らず、姉妹揃っての入浴シーンまで繰り出してきて、大盤振る舞いすぎじゃないですか。アニメ化の報に浮かれすぎて、盆と正月がいっぺんに来てしまったかのごとくの年に一度の大解放デーですよ! しかも、このお風呂シーンの脈絡のなさがまた素晴らしい。これぞ、必然性のない健全なるサービスシーン。

そもそも、姉妹揃ってお風呂に入る事自体久々の事らしいのに、初登校して楽にパンツを見られたその当日に限って一緒に入る展開とかベタすぎます。そして、そんなあざといサービスシーンに浮かれまくってブヒブヒする我ら読者もチョロすぎるってなもの。でもね、分かってても踊ってやるさ、小野寺姉妹の可愛さを前にしてはな!

そして、お風呂に入りながら楽の良いところを嬉しそうに語る小野寺さんと、それに反発する妹寺さん。この妹寺さんの分かりやすい反発っぷりがいいのです。その反発が反転してデレることになる布石だというのを僕らは知っているから!


楽に対して反発の感情しか持たない一方で、通学中に助けてくれた王子様が楽と同一人物と知らない妹寺さんは、彼が落としていった鍵穴ペンダントを手がかりに王子様を探そうとする訳です。

あー、この展開知ってます。アレですね、ミイラ捕りがミイラになるってヤツですね。はいはい、分かってます、ベタで王道でお約束なアレですよ。衝撃的な出会いをして最初はイイ奴だと思っていたアイツは、実は憎むべきイヤなヤツだった。でも、気づいたらアイツの良いところをどんどん知ってしまって、アイツのことが気になってしょうがなくなるという、王道中の王道の例のアレですよ!

小野寺さんのラブコメヒロインとしての格もそれは大したものだとは思いますが、さすがその姉の血を引く妹です。この妹も侮ることが出来ないラブコメヒロインの血統を有していたのです! 姉妹揃って何と強大な力を持ってしまったのか。これはもう、姉妹による恋の鞘当てとか、小野寺姉妹と楽の三角関係とか、互いの気持ちを知って身を引き合う姉妹とか、メインヒロインの千棘を差し置いて、これからどれだけでもラブコメ展開が繰り広げられそうですよ。アニメ化はもちろん楽しみですが、原作の今後の展開も大いに楽しみなところです。

それは空耳ではありません、童貞耳です、『僕らはみんな河合荘』4巻

画像

『僕らはみんな河合荘』4巻 宮原るり YKコミックス

作者の宮原るりさんがおっしゃるには表紙詐欺だそうですが、いやいやこれはもう喜んで騙されに行くレベルですよ。むしろ、律ちゃんが可愛いのは不変の事実であり、表紙でも可愛い律ちゃんは本編中でも圧倒的に可愛いのであり、詐欺でもなんでもありません! むしろ騙されたと感じるなら、その表紙に不釣り合いな下ネタ率の高さですよね!

『恋愛ラボ』や『みそララ』に比べればその差は歴然の圧倒的な下ネタ率。ただ、下世話で下品でありつつも笑い飛ばせる下ネタであり、鼻につくほどではないので安心です。男性から女性に対するセクハラ的下ネタではなく、女性から発せられる下ネタというあたり質が違うのかもしれません。


別にエロいシーンでも何でもなく、ジェンガで遊んでます、ええ。

まぁ、こういった具合にその下ネタの多くは麻弓さんやシロさんによる、年上の人間達から年下の子達に対するからかいを多く含んでおり、そういった面で笑えて楽しめる側面があるんですよ。同年代の人間達が集まる学園ものではなく、様々な年代の人間が集まる下宿ものという場のメリットを活かして、いい年したすれた大人達と、大人になりきれてないまだまだピュアな学生達とのギャップ感がこの下ネタによってあぶり出されていて面白いですよね。

そして、そんな下ネタが飛び交う河合荘で最も引き立ってくるのは、無自覚な発言をポンポンと発する律ちゃんの存在なんです。

 

こんな無自覚の発言に反応せざるを得ない!(主に股間が)

そんな無自覚発言を聞いて、速攻でエロ方面への下ネタへと結びつける大人達。それと同時に、空耳ならぬ童貞耳を炸裂させて妄想おかずボイスへと脳内変換して前屈みになってしまう主人公の宇佐くん。まぁ、しかし、これはしょうがない。こんなに可愛い律ちゃんからそんなエロワードが飛び出してくるなんて、妄想力たくましい高校生男子にしてみたら、それはご褒美以外の何物でもないってなもの。ましてや、それが自分の好きな娘だったら、余計に妄想力を段違いに高めてしまいますよね!

まぁ、そんなこんなで相変わらずドタバタと賑やかしい河合荘なのですが、人間関係的にも微妙に変化が出てきております。麻弓さんとシロさんの関係なんて部分もありますが、ここはやはりメインどころの律ちゃんと宇佐くんの二人の関係性でしょう!


これまで無関心なことが多かったあの律ちゃんが、宇佐くんの事を気にかけ、宇佐くんが隣にいなければ寂しがり、宇佐くんが本以外の事に興味を持てば寂しくなって拗ねてしまう、そんな表情の数々を見せてくれるのです。その感情はもちろん恋心と呼べるほどのものではないんだけれど、明らかに恋心の入口くらいに立っている感情な訳ですよ。

そして、宇佐くんがゲームのことより本の感想のことを優先して話してくれたりすると、こんな極上の笑顔を見せてくれたりする訳です。あぁ、こいつはもう反則ですわ。無自覚にエロ妄想ワードを口にする律ちゃんも反則ですが、無自覚に健全高校生男児を恋に陥れるこの極上の笑顔なんか反則過ぎですよ、もうっ!

ここに来て人間関係も微妙に動き始めたこの4巻。下ネタ的な部分で笑えながらも、メインディッシュの恋愛模様の部分でも盛り上がりを見せ始めており面白かったです。

このヒロインには泣きデレがある、『この美術部には問題がある!』1巻

画像

『この美術部には問題がある!』1巻 いみぎむる 電撃コミックスNEXT

全然予備知識がなくて、作者の事も知らなかったし、作品名も初聞きだし、絵が可愛かったからというイラスト一点突破主義で購入したこの漫画なのですが、これがもう完全に当たりでした! イラストが可愛いというのは読む前から分かっていたのですが、イラストの可愛さを相乗させるキャラの可愛さは抜群ですし、ゆるい空気ながらもお話の面白さも光ってるし、そして何より読む者をニヤニヤさせてしまうラブコメ的雰囲気が素晴らしいんですよ。これは良い買い物をしました!

とある中学校の美術部に所属する内巻くんは、最強の二次元嫁を描き出す事を夢として筆を走らせるちょっと残念な男子。そんな彼の事が何でかしら気になって気になってしょうがない風のヒロイン宇佐美さん。そんな二人の部員をメインに他の美術部員も加えたゆるいながらも楽しい部活ライフが繰り広げられています。

部活を舞台にしたゆるい日常コメディなのですが、この漫画の魅力は間違いなくヒロイン宇佐美さんによるところが大きいのです。もうね、圧倒的にかわいいのですよ! 二次元嫁に執着する内巻くんの事を好きな宇佐美さんは、1話目から見事な開幕デレダッシュを決めてくれるのです。


モデルになって欲しいと言われて、ホイホイと言うがままにポーズを取ってしまうこの宇佐美さんのチョロ可愛さと来たらね! イスの上にちょこんとかわいく体育座りするこの宇佐美さんの可愛さは飛び抜けておりますよ。そしてこの見た目通りに内巻くんからはぱんつが見えているという、このうらやまけしからんポーズが最高であると!

元々見た目からして可愛いこの宇佐美さんというキャラが、そのチョロ可愛いデレっ娘という属性が加味されてさらに可愛いことになっているのです。そんな彼女が内巻くんの言動に振り回されて、喜んだり、怒ったり、赤面したり、落ち込んでみたりする表情の数々がもう素晴らしすぎるのです。

そして、遂に最強の二次元嫁を描きあげそうになった内巻くんが部活を辞めてしまうかもしれないというエピソードでの宇佐美さんがもう最高すぎました。


部活を辞めてしまいそうな内巻くんに思わず告白しようとしてみたり、やっぱり言えなかったり、言えない拍子に感極まって涙を流してしまったりする、そんな宇佐美さんの恋する乙女っぷりを見て胸キュンしないはずがないっ! この飛び抜けた可愛さを前にして、オレの頬はニヤニヤ緩み、ハートはキュンキュン鳴りっぱなしになる訳です。このヒロインっぷりは極上やで!

またメインの二人以外にも常にぐーたらと寝てばかりの部長や、ちびっ娘外人コレットさんなどの部員も加えて繰り広げられる部活ライフもまた楽しいばかり。ラブコメ的にも、ゆるい日常コメディとしても楽しめる良い作品ですよ。今ならpixivコミックで1、2話が読めるのでまずはそこで雰囲気をつかんでみるのもイイかも。

エミリアはメインヒロインだよホントだよ、『はたらく魔王さま!』3巻

画像

『はたらく魔王さま!』3巻 柊暁生/和ヶ原聡司 電撃コミックス

今期アニメの中で一番楽しみにしてるものと言えば、間違いなくこの『はたらく魔王さま!』ですよ。バトルあり、コメディあり、ラブありで、賑やかで楽しく、ものすごく丁寧に作られており面白いんです。そんな好評放映中のアニメは毎週毎週楽しみにしているのですが、こちらの漫画版だって負けず劣らずの面白さを誇っており、アニメが好きな人にも間違いなくオススメ出来る逸品なのです。

ちょうど先週放映分のアニメ8話までをこの3巻で描いており、アニメを楽しみにしてる人にとってもネタバレにはならずこれまでの内容を振り返って楽しめるのでその点でも手を出しやすいのでオススメかと。

アニメと言えば、女の子であろうが何だろうが容赦なく変顔をさせる百面相っぷりが特徴であり、そこがまた面白さの要因ともなっているのですが、この漫画版はむしろキャラの可愛さを前面に押し出している印象があります。原作やアニメ版のキャラデザの印象を損なう事なく、全体的に丸っこい感じで柔らかそうな雰囲気を醸し出し、キャラの可愛らしさを増してくれます。


そしてこの漫画版でもちーちゃんは圧倒的に可愛いです。天使降臨。この圧倒的可愛さを前にただひたすらに頬を緩め床を転げ回るしかないのです。このロリ巨乳天使のあどけない笑顔、守りたい!

また、この巻の表紙にもなっているうどんさんこと鈴乃も、アニメで受けるキリッとした印象に比べてそのキャラデザの丸っこさも相まって何とも柔らかい印象のキャラになってます。そして、これがまた漫画版ならではの味わいを出しており良いんですよね。

そして、この漫画版最大の見所と言えばヒロインの恵美ですよ。アニメではどちらかというと変顔のオンパレードでメインヒロインでありながら、人気的な部分では影に隠れている印象がつきまとうキャラなのですが、この漫画版の3巻ではきっちりとヒロインしているのです!


ラブコメヒロインらしく、見事なツンデレっぷりと赤面っぷりを見せてくれるのです! 魔王に対してしっかりとツンツンしている部分が描かれており、口では文句言いながらもなんだかんだでストーキングしてる日常を満喫している様子や、そのストーキングの結果、魔王に振り回される形になっている姿など、見事にメインヒロインとしての存在感を出すのに成功しているのです。

アニメでは圧倒的天使ちーちゃんという不動のワントップヒロインの影に隠れていた部分も強いですが、こちらの恵美は可愛い部分もちゃんと描かれているのです。特におまけ漫画の恵美の可愛さは特筆すべきものがありますよ!


魔王に町で偶然バッタリ会い、着てる服を可愛いと褒められて赤面するこの表情とかどうですか! これはもう間違いなくラブコメヒロインとしての資質バッチリの赤面顔ですよ。恵美の魅力を再発見できるのがこの漫画版の良さでもありオススメポイントですね。

もちろん、全体としてストーリーを丁寧に追っていき描いていくところはアニメにも負けず劣らずの部分があり満足度は高いです。アニメが好きな人はもちろん、未見の方にも間違いなくオススメできる良作コミカライズですよ。

おもらしグランドスラムの達成や!『アイドルは××××なんてしませんッ!』2巻

画像

『アイドルは××××なんてしませんッ!』2巻 柚木涼太 ビッグガンガンコミックス

女の子がおもらししてしまう事にトキメキを感じる嗜好はフェティズムの極北ですか? 否! おもらし好きにとって時代は今、明らかに追い風が吹いてるのです。なぜかって、そりゃこんな漫画が世に解き放たれるくらいですから。ええ、アイドルがおもらししてモレドルとして脚光を浴びてしまうようなこの漫画が注目されるような時代がやってきているのですから!

ビッグガンガンではじめてこの漫画が掲載されたのを見たときにはそれはもう興奮と衝撃で仰け反りましたが、その後もアクセルを緩める事なくただひたすらに僕らの期待を乗せて加速していくばかりなのです。その様は明らかに暴走としか言いようがないですが、そんな暴走すらも望むところですよ! 毎回毎回予想の斜め右上を行く展開からのおもらしてんこ盛りで、それはもう素晴らしい事この上ないのです。

 
お漏らし前                        お漏らし中

そしておもらしと言えば赤面、これですよ。ラブコメで見せる赤面とはまったく別種の紅潮したこの表情こそがおもらしの真髄とみた! そんなおもらし赤面の中でも、おもらしする前の我慢に我慢を重ねた末の涙ながらの羞恥の表情とかどうですか? イイネ! もしくは、遂には我慢できなくなり決壊してしまった末の安堵と恍惚の赤面表情なんてのもどうですか? イイネ!

そして、最後の仕上げにおもらししてしまった後に見せる申し訳なさと情けなさと恥ずかしさが入り乱れた赤面表情なんでどうでしょうか?


ほい来た! おもらし後に見せる素晴らしき赤面表情頂きましたよ!

おもらしする前、おもらし最中、そしておもらし事後に至るまで、この漫画においては三段階に渡って全く違う赤面表情が楽しめる訳ですよ。これはもうおもらし赤面界のハットトリック達成や! そしてそんな恥辱の赤面表情を毎回に渡ってコミカルかつ暴走気味に描き続けてくれるこの漫画は神漫画であると言わざるを得ないのです。

しかも、この2巻に至ってはそんなおもらし赤面三冠王を獲得したのに飽き足らず、さらなる上のステージにまで上り詰めてしまったのです!


おもらししても…いいんだ…!(開眼)

事前、最中、事後だけに飽き足らず、遂には開眼して新たなるおもらしステージの高みへと上り詰めてしまいました。これはもうおもらし赤面界のグランドスラム達成や!

そして開眼してしまったこの事から導き出される結論は、さらなる次のお漏らしが生まれる下地が出来上がったという事であり、事前→最中→事後→開眼、そして新たなるおもらしが発生するというサイクルが生まれるのです。そう、これはつまり無限サイクルであり永久機関とも言えるのです。とどまるところを知らない無限のおもらしループの完成や!


来てる、来てますよ! 明らかにムーブメントは来てます。おもらしブームの波が!

はい、そこのあなた。今これを読んでドン引きしてるあなた。常識を捨て去ってください。良識をかなぐり捨ててください。考えるんじゃない、感じろ! そうすれば自ずと新たな扉が開かれるのを感じる事が出来るはずです。むしろおもらしするアイドルこそが時代の最先端。僕らは今、昔に夢見た未来に生きているのです。今モレドルのいるこの世界こそが時代の最先端だ!