DAIさん帝国

アクセスカウンタ

zoom RSS 五箇山合掌集落から能登半島周遊ドライブ

<<   作成日時 : 2009/10/16 23:36   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

今更ながらに9月のシルバーウィークのお話。以前ブログにも書いたとおり、『true tears』の舞台探訪ということで城端むぎや祭りに行ってきたのですが、せっかく城端まで行くんだからとドライブも堪能してきました。


まずは『ひぐらしのなく頃に』の舞台でも有名な白川郷。ただこの日は連休初日で、一般車両進入禁止の交通規制まであって、白川郷は激混み状態。そんな中に突撃するのもイヤだったので、入り口付近で引き返してきました。白川郷でも外れの方だとこの写真のように誰もいない長閑な光景が堪能できるんですがね。


その代わりという訳でもないのですが、今回立ち寄ったのは五箇山の相倉集落。世界遺産になっている合掌集落というと白川郷が圧倒的に有名なのですが、その白川郷から北に進んだ先にある五箇山合掌集落も世界遺産に指定されているのです。規模的にはやはり白川郷に劣るのですが、その分訪れる観光客も少なく、長閑な合掌集落の姿を堪能できるんですよね。

 

ちょうど稲刈りの時期というのもあり、何とも長閑な光景が広がっておりました。こうした中で、実際に生活をしている人がいるというのが合掌集落の特殊性です。相倉集落は谷斜面に広がるこじんまりとした集落といった趣。個人的には世界遺産指定されている中ではここが一番好きです。


五箇山合掌集落や城端のむぎや祭りを堪能した翌日は能登半島一周のドライブへと。学生時代に金沢に住んでいたこともあり、能登半島は格好のツーリングスポットで、よく走りに行ってました。まるっと一日かけて走りを楽しめますし、ワイディングを堪能するという面でも満足感が十二分に得られるんですよ。

実際、シルバーウィークであっても、能登半島の先端に近づくにつれ交通量が減っていき、存分に海岸線のワイディングを楽しめました。天気も良く、オープンにして走るのにも適した季節。潮の香りを感じながらのオープン走行がこれまた最高に気持ちのいい事!


 

能登中島のお熊甲祭り。事前には全く知らなかったのですが、たまたまドライブしている最中に祭りがあるということを知って、ふらっと立ち寄ってみることにしました。国指定の重要無形民俗文化財との事で、祭りの方もかなり見応えたっぷり。ふらっと立ち寄った割りには嬉しい誤算でした。長さ20mにも及ぶ真紅の枠旗が何本も集結し、太鼓や鐘の音に合わせて天狗の面をかぶった猿田彦が踊る。御輿の担ぎ手達の声も勇ましく、伝統を感じさせながらも勢いも感じさせる熱いお祭りでした。時間の都合で最後まで見ることができなかったですが、それでも強く印象に残る祭りでしたよ。


祭りを見るのに予定外の時間を費やしたので、能登半島一周のスケジュールもすこし詰まってしまいました。予定ではなぎさドライブウェイを走りながら夕焼けを見たかったのですが、日没の時間には間に合わず。とはいえ、なぎさドライブウェイからでなくとも日本海に沈む夕陽は綺麗でしたがね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
五箇山合掌集落から能登半島周遊ドライブ DAIさん帝国/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる