DAIさん帝国

アクセスカウンタ

zoom RSS 大天使花田さんが御降臨あそばされたぞ!『源君物語』4巻

<<   作成日時 : 2013/10/20 00:28   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

『源君物語』4巻 稲葉みのり ヤングジャンプコミックス

毎週木曜日になると全国各地より届く叫声の数々。豚のような声を上げながら悶え転がる人多数。ヤングジャンプ養豚場の名をほしいままににする漫画こと『源君物語』は4巻目を迎えて、ひとつの絶頂期を迎えたと言っても過言ではないのです。

これまで香子さん、朝日、葵、中将など数々のヒロインが登場しては僕らを萌え豚化してくれた訳ですが、ここに至って真打ちヒロインが登場したと言っても間違いではないです。そう、この4巻に満を持して登場するのが僕らの大天使こと花田さんなのです!



天 使 降 臨 !

まさに花田さんという天使が舞い降りた瞬間である。守りたいこの笑顔、この天使のほほえみ、守りたい!

花田さんはそば屋でバイトする専門学校生。料理や裁縫が得意な家庭的な女の子。純朴街道一直線のまさに絵に描いたような清楚ヒロインなのです。そんなヒロインが今巻のターゲットにして、花散里をモデルにした14股における3人目のヒロインとなる訳です。



赤 面 天 使 降 臨 !

この花田さんというキャラは清楚ヒロイン街道まっしぐら。もちろん、男の子に対する免疫ゼロという純粋培養っぷりをみせつけてくれます。男の子と手が触れあっただけでこの大赤面。そうそう、こういうのでいいんだよ、こういうので、などと思わず呟いてしまうほどの天使っぷり。

そんな花田さんの人の良さにつけ込むかのごとく、1ヶ月限定の恋人同士になるという嬉し恥ずかし身悶え展開に物語は突入していきます。デートに誘って手を握れば大赤面と、ウブウブ恥じらい赤面展開を繰り広げていたのですが、この漫画においてそんな温い展開だけで終わるはずはもちろんありません。デートの終わりがけに不意打ちのキスをかまして、そのままの勢いで部屋になだれ込んでのキス三昧となるのです。



大 天 使 花 田 さ ん 降 臨 !

初めてのキスも素直に受け入れ、二度目のキスでは舌まで絡めてこの表情、そしてこのセリフである。これを天使と呼ばずして何と呼ぼうか。いや、これはもう天使を超越した存在、大天使と呼ぶしかないのである。大天使花田さんが僕らの目の前に顕現なされたぞ!

そう、花田さんというキャラの素晴らしさは僕らのどす黒い欲望をその天使の微笑みですべてを抱擁し、すべてを受け入れてしまうところにあるのです。そして、そんな都合のいい大天使を前にしてキスだけで満足してしまうはずもなくエスカレートしてしまうのは男としてはやむを得ないのであります。


おおお、教えたらあああああ!!!

ハァハァ、こんな事を言われてしまっては、もう平静でいられません。叫ばずにはいられません。キスをして、舌を絡めて、おっぱいを揉みしだいて、それでもなお続く寸止め展開。この次に会うときにはセックスすると姉に言われて、そしてのぞんだ2回目の部屋訪問にて発せられたのがこのセリフですよ。これはもう始まりの合図です。セックス開始ののろし。気づけばほら、開始まってんじゃん、性行為!


おおお、教えたらあああああ!!! おっぱいでできること全部教えたらああああああああ!!!!!

ハァハァ、すみません、取り乱してしましました。しかし、この大天使花田さんを前にして理性を保ったままでいることは無理ってなものです。そもそも、何なんですか、この上目遣い。あざといまでの上目遣いは! 眉をハの字にして、少し困り顔のような、恥じらい顔のような。そして、自身の最大の武器である大きなおっぱいを強調するかのようなこのポーズ。もうどうなんですか、これ! まっこと、けしからん、けしからんですよ、これは! こんなけしからんおっぱいは思うがままに揉みしだくしかないのです。しょうがないのです。自然の摂理なのです。おっぱいを求めるのは自然の摂理なのです!

そして散々寸止めされた挙げ句にとうとうご対面する事の出来る花田さんの乳首と来たらどうですか。昨今よくあるブルーレイが発売となってご開帳される乳首のありがたさもそれはそれでありますが、そんなものの比ではありません。この素晴らしいおっぱいと、この素晴らしい乳首を見るためだけにこの漫画は存在したんだとさえ思えてきてしまうのです。


たたた大変です! 大天使花田さんがおっぱいを執拗に攻められて快楽に落ちてしまいそうです。姉さん事件です!

このままでは大天使花田さんは快楽に落ちた堕天使となってしまいます。しかし、清純天使花田さんが快楽落ちした姿を見てみたいと思うのも全男子諸君が激しく同意してくれる事なのだから致し方ありません!

そもそも、初めてなのにこれほどまでに乱れ感じてしまう花田さんというキャラはどうなんでしょうか。エロゲから抜け出してきたかのような初エッチシーンじゃないですか!でもね、あえて言おう、初めてなのに感じ過ぎちゃう清純処女が嫌いな男の子なんて居ません!

そう、初めてなのに感じちゃう処女キャラは、二次元で生まれた二次元だけに存在する二次元界の至宝であると。現実世界には存在し得ないからこそ、二次元に夢見れるキャラクターなのですよ!


な、なんだってー!? ままままじっすか、香子さん!!

大天使花田さんは二次元にだけ存在する天使じゃなかったんだ! 現実にだってこんな天使みたいな女の子がいたんだ! 夢見れば夢も夢じゃないんだ!


そんなこんなで、キスしておっぱい揉んで乳首拝むだけで1冊まるまる使って描かれたこの花田さん編でしたが、今巻ラストにて挿入したかな、どうかな、入ったかな、どうなんだろうという、相変わらずの寸止め展開の引きで終了しておりました。単行本派の諸兄は5巻出るまでお預け寸止め状態で待たされる訳ですね。まぁ、自分はこの後の展開は連載で読んでるのでいいのですが、まぁ、その、ね。

でもまぁ、大天使花田さんという強力キャラが4巻目にして登場してしまい、その後の展開をどうするのか心配なところですが、たぶん次のヒロインが出てきたら、花田さんの事もすっかり忘れて脳天気に豚のような鳴き声を上げて楽しんでいる姿を見ることが出来るでしょう(主にオレのこと)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大天使花田さんが御降臨あそばされたぞ!『源君物語』4巻 DAIさん帝国/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる