鎧が解き放たれた先に見た霧島の新たなる境地、『医龍』14巻

画像
医龍14巻 乃木坂太郎 ビッグコミックス

これまでも医局の政治ドラマやら人間模様、カタルシス溢れる手術シーン等、いろいろな方面で見所の多かったこの漫画ですが、14巻目を越えたこの時になってまたさらなる魅力と面白みを発揮することになろうとは。

その魅力の原動力となったのは霧島先生、この人です。

当初は朝田のライバル的な役割として登場、医局のエリート街道まっしぐらという、朝田とは対極に位置するキャラでした。その一方でシスコンであることを発揮するなど、ちょっと違う臭いというか、違った方面で期待を抱かせるキャラ性も持っていたのですが、そんな僕らの違った方面での期待に見事に応えてくれたのがこの巻なのです。

ガチガチの鎧を身にまとい、その内面を曝さずに生きてきた霧島の鎧がとかれるとき僕らが目にしたものは、何と浜辺で朝田と追いかけっこして水のかけ合いをする姿だったのです!

この青春ドラマな回想の果てにたどり着いた霧島の境地と来たらもうどうなんですか。オレ内部の腐女子回路が総濡れで歓喜の雄叫びをあげてしまうかのような黄色い展開。マザコンでシスコンでその上、ホモと来た! これどうなのよ!?

そして、このまま朝田への想いを爆発させるのかと思いきや、朝田の元についていた伊集院へと横恋慕。彼を守るために、そして育てるために全てをなげうっていく姿はもうたまらなさすぎます。

この巻を境に、キャラ的に大きく魅力を増した霧島と、朝田や霧島に見守られてどんどんと成長していく姿を見せつけてくれる伊集院。朝田、霧島、伊集院の三角関係の結末もものすごく楽しみですね!(腐女子的に)

あと、霧島のガチガチの鎧をとくきっかけとなった、野口の狡獪な策略もすごいの一言。蛮人という表現を持ってして、絵とストーリーの両面から野口の人間性を鋭く描く様は素晴らしいですよ。手術中だというのに展開される人間ドラマもこれまで同様に見応えがあるし、この漫画はホントに面白いですね。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 医龍

    Excerpt: [10月スタート]ドラマ「医龍2」坂口憲二 主演 Weblog: 医龍2 racked: 2007-08-09 18:01