ヤンキン新連載『桃色メロイック』が面白い、勃起したっていいじゃない妹だもの


『桃色メロイック』 福田晋一 ヤングキング2012年3号

ヤンキン新連載、兄が妹に本気の恋愛感情抱くコメディなど(コミックナタリー)

圧倒的なまでのヤンキー臭が漂う雑誌、それがヤングキング。ヤンマガにだって負けないくらい隅から隅までツッパリ全開の雑誌、それがヤングキング。毛色が違うのは佐野タカシ先生の漫画や『漫画で分かる心療内科』くらいだけで、他はすべてヤンキー漫画と言っても過言ではないくらいの雑誌、それがヤングキング。まぁ、そんな感じの雑誌なので自分のようなラブコメ好き、エロコメ好き、萌え漫画好きとは縁遠い雑誌ではあるのですが、そこに来てこの新連載なのですよ。

掲載誌がヤングキングですから、もちろん主人公はヤンキーなのですが、このマンガがヤングキング誌上で異彩を放っているのは女の子が圧倒敵に可愛いということなのです。萌えなのです。萌えキャラなのです。しかもよりにもよって妹なのです。萌え妹キャラなのです。

もうね、パラパラっとページをめくっていつものように『マンガで分かる心療内科』だけを読もうかと思っていた時に、ヤンキン誌上でこの妹キャラを見た時の驚きと来たらね。ヤングキングにはあまりにも似つかわしくないそのキャラクター。そして、そんな圧倒敵萌え妹キャラがヤンキー主人公の妹として登場するのですよ。そう、それはまさに、ヤンキン誌上におけるヤンキー漫画と萌え妹漫画の奇跡的邂逅!

しかもこのヤンキー主人公と来たら、そんな可愛い妹を溺愛しているというか偏愛しているのです。その溺愛のぶっ飛び具合がまたコメディとして楽しく、暴走しまくっているのもまた面白いのです。しかし暴走しすぎで、その偏愛が性的な意味を帯び始めているのでヤバイです。


このヤンキー主人公、格好良すぎる! 熱い、熱いぜ! こんなセリフを自分で言ってみたいとは思わないけど、こんな言葉を恥ずかしげもなく言い切れてしまうその姿には魂を揺さぶられるのですよ。こんな妹萌えが行き過ぎたヤンキー主人公によるこのマンガ、どのような方向へ転がっていくのか今後とも楽しみに読んでいきたいところです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック