最近の『君のいる町』は、美友の勘違い空回りっぷりに磨きがかかってきたな!


『君のいる町』 瀬尾公治 #165 びっくりプレゼント

付き合ったり別れたりを繰り返しているウチに、気がつけばもう165話という長期連載になっているこのマンガですが、まぁいいんですよ、それは。長期連載の恋愛漫画にはよくある事ですし、むしろくっついたり離れたりを繰り返すのは、もはやこの漫画の芸風! そんな事よりもですよ、ここ最近のこの漫画は面白いのです。いや、何が面白いって、新キャラの保科美友なんですよ。柚希と青大がくっついて以降のこのマンガに対する興味は、もうこのキャラの一点突破にかかっているのです!

キャラの容姿的にも非常に自分好みってのもあるのですが、何よりこのキャラが面白いのは生粋のアホの子にして、勘違い空回りキャラであり、なおかつ場を引っかき回してくれる暴走キャラだということなのです。しかもその勘違いは、主に性的な方面において炸裂するのです! 処女で男性が苦手なところがあるこの美友というキャラは、性知識についても偏って間違ったモノを持っているところがあります。ただ、そんな状態でもなんだかんだで青大とは仲良くなっていくのですが、そんな青大との会話においていろいろとエロい方向に勘違いしては空回っていくのです。そして、それが最高に笑えて楽しいのですよ。


親からようやく同棲する事を認められた青大と柚希の二人は避妊だけはちゃんとしろと言われるのですが、今回の話ではその事を聞いた美友が、何を血迷ったのか青大のためにコンドームを買いに行くわけです。いやいや、まずもって、この展開からしておかしいのですが、細かいことは気にしちゃダメです。そして、ここから始まる彼女の勘違い空回り暴走っぷりは、もはや芸術の域に達していると言ってもよいほど。ってか、コンドームを買いに行って実際に買ってきたものが指サックなんですから、そこからしてどうなのよと! もう最高じゃないかと!

また、美友が避妊具だと信じて疑わない指サックを二人にプレゼントするわけですが、ここから始まる3人の会話が、表面上成り立っているようで、実際には全く成り立っていないのがまた素晴らしいのです。


美友は美友で避妊の話をしているはずなのに、青大や柚希は全く別の普通の話をしているというこのギャップ。全く違う話をしているはずなのに、それでもなぜか会話が進行していってるおかしさ。そして、そんな会話の流れを勘違いして、戸惑い、赤面し、空回りし、挙げ句暴走していく美友のなんとまぁ可愛いこと可愛いこと。もうね、そんな彼女の姿を見てるだけで猛烈にニヤリングが止まらないのですわ!

しかし、男性が苦手と言いつつも、間違いなくエッチには興味津々なご様子の美友こそが一番エッチな娘に違いない! こんな彼女であるから、いつの日か青大のことを柚希から寝取る日だって来るかもしれない。いや、来たって全然かまわないさ。むしろ、そんな日が早く来い。くっついたり離れたりを繰り返すこのマンガですから、ここまで来たら青大にはとことんクズになって貰おうじゃないかと。柚希とつきあい始めたばかりだというのにすぐ別れてしまう尻軽っぷりを見せて貰おうじゃないかと。そして、美友とのめくるめくお付き合いライフを見せてくれ!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック