『ラブライブ!』8話、9人揃ってのファーストライブに感動の嵐!

『ラブライブ!』 第8話 やりたいことは

アカン、これはもうアカン。Bパートの途中からもうずっと涙目ですよ。感動の嵐ですよ! これはスゴイ、ホントにスゴイ。今期のアニメの中でも飛び抜けて面白いこのアニメですが、突き抜けました、オレの中で。

今回はμ’sのメンバー9人が揃う回なのです。これまでもメンバー加入回は1年生3人組の加入エピソードや、にこ先輩の加入エピソード等、大きく盛り上がる話ばかりでした。それが9人勢揃いするエピソードなわけですよ。これで盛り上がらない訳がない! しかも、今回の感動の最たる要因は、何より9人揃って初めてのファーストライブになる事なのです。そう、ファーストライブと言えば、μ’sの1stシングル「僕らのLIVE 君とのLIFE」。この曲のPVはそれはもう何度となく見たのですが、この8話はまさにあのPVを再現している形でもあるのです!

 

頑なにμ’sの存在を否定し続けてきたエリーチカに手を差し出す穂乃果。後ろから背を押す海未。この構図、見覚えがある! 見覚えがありすぎて背筋がゾクゾクした! もしかして今回の話は1stシングルのPVをモチーフにしているんじゃないのかという予感。そして、その予感が現実のものへとなっていく興奮と感動!

 

オープンキャンバスの場で見せるμ’sのファーストライブ。そこで披露する曲が1stシングルでもある「僕らのLIVE 君とのLIFE」なんですよ。PVで見せてくれた衣装を着た9人を見た瞬間、全身に鳥肌が立ち、訳もなく流れてくる涙。ここでこういう展開を持ってくるのかという驚きと喜び。しかもですよ、今回のファーストライブの映像は、PVの使い回しでもなく、完全リニューアルバージョンじゃないですか。時折差し込まれるライブまでの練習風景の模様も何だか妙に嬉しくなってくるのです。

アニメから見始めたにわかラブライバーの自分ですらこれほどの衝撃と感動を味わったのだから、これが初期よりこの企画を追ってきた古参ラブライバーの方達はどれほどの感動を味わったのでしょうか。むしろ、自分がそうでなかったことに後悔すら覚えるのです。ただ、歴史の違いさえあれ、今ではこの作品を好きな同士のラブライバー。9人揃ってこれから始まるμ’sの本格活動を今後も楽しみに見守っていきたいところです。しかし、8話目でこれだけの盛り上がりを見せるのだから、最終回にはこの作品はどこまで上り詰めてしまうのでしょうか。今から楽しみすぎてしょうがないですよ!

ラブライブ! 1 (初回限定版) [Blu-ray]
バンダイビジュアル
2013-03-22

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ラブライブ!  1 (初回限定版) [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック