今週の『ニセコイ』で満を持しての妹寺さん登場、らっくんハーレム二期生や!


『ニセコイ』第75話 古味直志 週刊少年ジャンプ26号

あれれ、このキャラって誰ですか? 小野寺さんっぽいけど、単純に作者が顔の描き分けが出来てないだけの新キャラですか? いやいや、そんな事はなく小野寺さんの入学当初を振り返って描かれる過去編なのかな?

などとミスリードさせる出だしで始まった今週のお話でしたが、過去編にしてはなんだか妙に違和感が残るのです。入学したての小野寺さんだとしてもそうじゃない部分も感じて、むしろこのキャラは読者が密かに登場を期待しているあのキャラなんじゃないかとも思えるのです。

席替えから始まった3学期編って早々に切りあげられた感もあるじゃないですか。それは3学期を早々に終わらせて前倒しで新学期編に突入する理由があったハズなんです。その理由とは楽達の2年生への進級はもちろんあるものの、それ以上に後輩という新キャラを投入できるというメリットからに違いないですよ。そして、ここで登場が待望される年下キャラと言えば、もう一人しかいないじゃないですか!


出たー! 妹寺さんが満を持しての登場だー!

そうです、かねてより存在がほのめかされていたものの画面には全く出てこなかった小野寺さんの妹が新入生として登場したのですよ。そしてこの妹寺さんが姉に勝るとも劣らない素晴らしいラブコメキャラなのだからたまらないんです。

もうね、今週の話のベタなラブコメっぷりと来たらどうですか! まさに王道、まさにセオリー通りという、べったべったな展開の数々。入学したての通学路で不良に絡まれているところを助けられ、廊下でプリントを落とせば手伝ってくれる先輩が現れる。恋の予感を抱かせてトキメキLOVEの予兆さえ感じさせるまさに王子様的存在の男の子。しかし、その男の子が実は姉をたぶらかす敵視すべき存在である一条楽その人であったことが判明するお約束なオチ。もう、この何のひねりもない、これ以上ないくらいの王道ラブコメっぷり! だが、それがいい、それでいいのです!

千棘が自分の恋心を自覚して以降、物語的には少々落ち着いていた感もありましたが、ここに来て大型新人の登場ですよ。これはもう、姉である小野寺さんのモブ寺さん化を加速させてしまうほどの存在感を発揮してしまうやもしれません。それほどまでに強力、それほどまでに圧倒的ポテンシャル!


今週のサブタイトル「カミカゼ」をまさに体現してしまった妹寺さん。そのラブコメ力たるや、遅刻寸前でパンをくわえて走ってたら曲がり角で転入生とぶつかってパンツを見られてしまった並の超王道じゃないですか! 勝てねぇ、ここまでベタに徹せられちゃ、並のキャラじゃ勝てねぇよ!

しかも、今回の話では妹寺さんにくわえ、親友の風ちゃんと、再登場となるポーラ・マッコイも含め、後輩キャラ3人も登場してるんですよ。これはもう、ハーレム二期生といっても過言ではない。らっくんハーレムの栄えある二期生がわんさか登場ですよ! これはもう既存キャラの存在感が薄まる可能性大です。小野寺さんが妹にその存在感を食われてしまわない事だけを切に願います。いや、重度の小野寺さんファンであるならば妹に食われて出番を失ってしまう小野寺さんも、それはそれで堪能出来るはず。そうだ、むしろそれがいい、それでいいかも!(錯乱)

妄想一つで稼ぐよ女子中学生、『妄想稼業の道長さん』1巻

画像

『妄想稼業の道長さん』1巻 志賀伯 MFコミックス

志賀伯先生の描くキャラって何だか妙にエロっちく感じて好きなんですよ。月マガで連載されていた『四稲家の人々』の時から思っていたのですが、少年漫画的な絵柄でありながら、出るところは出て、締まるところは締まり、ムチムチプリンとした体型からにじみ出るエロスにグッと来てしまう部分があるんですよね。そしてそんな作者の持ち味が存分に発揮される場と言えばやはりちょっとエッチなコメディですよ。そう、この漫画『妄想稼業の道長さん』では、その良さが最大限に発揮されているのです!

そんな漫画の内容はといえば、女子中学生ヒロインの道長さんが司法試験を目指すアルバイト兄と幼い妹二人を抱え家事に奮闘し、家計を守るために奮戦するというお話になっています。何だかこの設定だけを聞くと、何ともアットホームなお話でエロ要素の入り込む余地はないように思えるのですが、ただ一つだけ普通でなかったのは彼女が取った家計を助ける方法だったのです。彼女が持っている小説を書くという才能を用いて、彼女が家計を助けるために取った方法が何とも突拍子もないものだったのです!


女子中学生ヒロインが官能小説家として堂々のデビュー!!

元々は官能小説など書くつもりではなかったのに、たまたま書いたエロ妄想文が小説の大賞を取ってしまい、家計を助けるためにヒロインが選んだ道は官能小説家としてデビューし自身のエッチな妄想を世に出していく事だったのです。

14歳のピュアピュア女子中学生のヒロインにはもちろん彼氏などいなく経験はゼロ。妄想だけで官能小説を書いていく訳ですが、それが重版に重版を重ねるヒット作となっていくのです。普段のヒロインは家では良き姉であり家庭的な面をみせ、学校では物静かでしおらしい文学少女な面をみせているのに、ひとたびスイッチが入ればノリノリでエロエロしい妄想力たくましい姿を発揮して暴走していくのです。普段とのギャップも相まって、妄想を突っ走らせるヒロインが何とも可愛く楽しい感じに描かれているのですよ。

学校でラブレターをもらった相手が自分の作品の読者である事が判明して暴走してみたり、同級生の女の子を官能小説のモデルに仕立て上げて授業中にもかかわらずエロ妄想を加速させてみたりと、とにかく暴走しがちでワタワタしている姿のかわいいこと!

 
妄想                              現実

現実にはものすごく良い子の同級生も、彼女の妄想にかかればご覧の有様だよ!

スランプに陥ってしまったが為にこれまでそれほど仲の良くなかった同級生をモデルにして妄想の限りを尽くし、筆を走らせるとか。しかし、実際に話して仲良くなった同級生は見た目に反してものすごく良い子だったりして、妄想と現実のギャップに苦悶してみたりとか。そういった展開の一つ一つがとにかく楽しい訳です。

ヒロインが官能小説家という題材の作品はこれまでにもそこそこあったような気もしますが、ヒロインが経験ないのに妄想一つで描ききる可笑しさとか、家計を守るために仕方なくといいつつも実際にはノリノリで妄想を暴走させていく様の楽しさとか、そういったセオリーはもちろん押さえつつ、ヒロインや脇キャラ達の可愛さや、全体的に流れるホームコメディ調の雰囲気など、既存の作品とは一線を画す要素も加味されていて非常に面白い内容になっているかと思います。今後とも楽しみな作品ですよね。

『まおゆう魔王勇者』7巻の温泉シーンに、最先端のぼかしを見た!

画像

『まおゆう魔王勇者』7巻 石田あきら/橙乃ままれ 角川コミックスエース

ここ最近のこの漫画の刊行ペースはすごく速くて、前巻から3ヶ月で最新刊が読めるのは嬉しいところ。前巻の熱が冷めやらぬうちに続刊を堪能出来るのはやはり嬉しいですよね。

前巻で歴代の魔王の魂に汚染されてしまった魔王を救い出した勇者。何とも痺れる展開で終わった前巻ではありましたが、今巻からは新しい章へと移っていきます。魔王が魔界全土にクリルタイの招集を宣言し、そのクリルタイが開催されるまでの前期間の出来事が描かれているのですが、どちらと言えば1章と2章の橋渡し的内容であり、前巻で盛り上がった熱を1回落ち着ける小休止的な面もあります。

もちろん、今巻の中にもグッと来るエピソードはてんこ盛りで、魔王と勇者が共に過ごす一夜ですとか、魔王と女騎士が再会後に勇者への気持ちを告白しあう展開ですとか、「この世界が好きだ」と涙ながらに話す魔王様ですとか、当主様が魔族だと知ったメイド姉の気持ちの告白ですとか、その他諸々良質のエピソードが散りばめられており非常に面白かったです。

ただ、全体的な流れとしてはやはり幕間的な部分が強いんですよね。なぜそのように感じたのかと言えば、この巻を読んで最も強く印象に残ったのが他でもない温泉イベントだからなのです!


温泉イベント! それは日本のアニメや漫画において必要不可欠の存在。どんなに重く辛い展開が続こうとも、ひとたび温泉シーンが始まれば、それは本筋から外れた小休止の合図。「かぽーん」という風呂桶が鳴る音が聞こえてくればそれは即ちこれからサービスシーンが始まるという合図なのですよ!

実際、このまおゆう7巻における温泉シーンも見事なまでのサービス展開で眼福でしかないのです。魔王様の駄肉が湯船にぷっかりと浮かぶ様はまさに拝み倒すしかないレベル。他にも女騎士から女魔法使い、メイド長にメイド姉妹に至るまで、大小選り取り見取りにそろえたおっぱいの競演を素晴らしいと言わずして何と言おうか!!

ただ、アニメなどでよくある謎の発光物体ですとか、不自然な謎の白いモヤですとか、そこまで露骨な乳隠しはなかったものの、魔王様達の美乳群の最先端たる突起物がお隠れになっていたのは残念至極なのです。ええ、詰まるところ乳首が見たかったと! しかし、そんな要望にただ一人応えてくれたキャラがいるのです。女魔法使い、その人です。


うおおお、女魔法使いだけ乳首解放かー!? などと色めきだちましたが、その実は迷彩魔法の最先端のぼかしだそうで。しかしですよ、遠目から見れば、薄目で視界をぼやかしながら見れば、これはもう乳首以外の何物でもないのです。むしろ、単純に乳首が見えてしまうより、これはこれで!と叫びたくなるのです。むしろ、これの方が!とも叫びたくなるのです。

温泉一つで本編の事をスコーンと忘れさせてここまで読者の英気を快復させてくれるのだから、やはり温泉シーンは必要不可欠です。いやぁ、温泉ってホントにいいものですよね(まとめ)

最終回目前を迎えた今月の『となりの怪物くん』があまりにも素晴らしすぎて!!

画像

『となりの怪物くん』その47 ろびこ デザート2013年7月号

今月のデザートの表紙は『となりの怪物くん』ですよ。ピンク基調のフリヒラな服をまとった面々がとにかく可愛いです。露出度高めなのに色っぽい雰囲気よりも可愛い雰囲気が先に立つのは、やはり女性作家さんならではだなぁとか思ったり。

そして表紙と共に巻中カラーの今月号ですが、何と今回の話と合わせて残り2話ですってよ。あと残り2話で最終回とかマジですか! 確かにクライマックスに向けて盛り上がってる感はバリバリとあったのですが、こうして残り2話だと目の前に突きつけられるとどうしようもなく寂しい気持ちになってきます。そして今月号の話を読み終えた今、これほどまでに面白いマンガが来月で終わってしまうという事実に愕然としてしまうのです。もうね、それほどまでに今月号の話は飛び抜けて面白かった、最高だった!!

前回の話でハルが海外へと旅立ってしまいどのように話が展開していくのかと思いきや、何と今回の話の冒頭では雫達が3年生に進級しており、さらに今回1話を使って3年生時の1年間を描ききってしまったのですよ。そう、今月号のラストではもう卒業目前にまで時間が進められてしまうのです。

もう、その展開がもったいなくてもったいなくてしょうがないのです。今回描かれた1年間の出来事はあまりにも眩しくて楽しそうで、珠玉のシーンの連続なのです。3年生のクラス替えで夏目さんだけ違うクラスになったりとか、クラス別の修学旅行に割り込んでくる夏目さんとか、大島さんに憧れの恋のまなざしを向ける雫の弟君とか、夏の川遊びに、秋の文化祭に、冬のクリスマスパーティに、初詣。これまで過ごしてきたイベントをまた3年生になっても同じように過ごしている面々の楽しそうな笑顔。これらがもうとにかく素晴らしい。

ヤマケンさんは夏の補修で雫のペンをこっそり自分のポケットにしまってしまうという、何とも未練残しまくりの表情がこれまたニヤリングを誘発させてもくれます。しかし、最もニヤリング大爆発を起こしたのはササヤン君と夏目さんですよ。二人の夏のお祭り模様ですよ!


ムキー! もう! なに! これ!! 下駄の鼻緒が切れてそれを手助けするというベタなイベントが起きてるのは容易に想像できるのですが、この二人の赤面表情がもう猛烈に想像の翼をはためかせてくれるのです。ってか、たった1ページしか描かれていないこのイベントだけで、単行本1冊描ききれるくらいの良質エピソードじゃないですか!

こういったシーンが今回の話の中のそこかしこに描かれ、単行本で10冊分は描けるであろうイベントの数々を今回1話で描いてしまったのは、やはりもったいないと言わざるを得ません。これは正直な感想。ただそれと同時に、その描き方があまりにも上手すぎて、もったいないと思うと同時に大満足している自分もいるのです。

今回の話では冒頭から30ページ弱に渡って3年生時の出来事が描かれていくのですが、その間、キャラのセリフは全くありません。全くのサイレント。サイレント漫画って漫画を描く力量が高くないと上手く描くのは相当難しいと思うのですが、ろびこ先生に至ってはそんな心配は杞憂です。キャラ達が全く喋ってないのに、その表情や仕草、周囲の反応などで、あまりにも生き生きとキャラ達が動き、そして喋っている声が脳内に響いてくるのです。その脳内に響いてくる声は読む人の数だけ存在し千差万別なのでしょうが、それだけ想像の翼をはためかせるほどの内容が眼前に広がっているのです。3年生時の1年間をたった30ページで描いてしまう贅沢と、ろびこ先生の描くサイレント漫画が読める贅沢。もったいない気持ちがある一方で、同時にこの上ない満足感を味わう事も出来たのです!


このみんなの笑顔を見てるだけで、笑い声が脳内に広がっていくのです。そして読んでいる自分だって嬉しくなって笑顔となり、そして不意に感情が高まって涙さえも溢れてきそうな感慨を抱くのです。しかし、ここまで3年生の1年間が描かれてきたものの、そこにハルの姿はありません。ハルのいない1年間。やはりどうしたって物足りなさを感じずにはいられません。

ただ最後の数ページにわたって描かれるハルからの手紙と、そこから次号最終回へ、と続く引きの圧倒的吸引力ときたら。あぁ、これはもうなんだかたまらない気持ちで一杯になりましたよ! 来月で最終回なのはやはり寂しいですけど、今はただ次回最終回を楽しみに待ちたいところですね。

ドS家庭教師、その実は好きな子に意地悪しちゃう例のアレね、『恋するみちるお嬢様』2巻

画像

『恋するみちるお嬢様』2巻 若林稔弥 ガンガンコミックス

あぁ、ガンガン連載陣の中でも非常に好きだったこの漫画が完結してしまいました。しかも全2巻という短さですよ。ただ、短いからこそ面白さが凝縮されている部分もあり、最初から最後までダレる事なく面白さがギュッとつまっておりました。短い冊数なので未読の方でも手を出しやすい利点はあるので、多くの人に読んでもらいたいなぁと思うのです。

1巻ではロリ高校生のヒロインみちるお嬢様と、ドSメガネの家庭教師の榊との二人がただひたすらに自宅で掛け合い漫才をするかのごとくの内容で、みちるの一方的な空回り片想いっぷりが何ともニヤリングを誘発するラブコメっぷりを見せてくれて大好きでした。そして、この2巻では舞台を学校に移して新キャラも増えて非常に賑やかになっていきます。

二人だけの掛け合い漫才も大好きでしたが、新キャラが増えて関係性が増した事によって楽しみが増えたのも嬉しいところですよね。

 

特にこの榊の自称元カノであるさくやが素晴らしかった。みちるとさくやが和解してイチャコラする20話なんて面白さが神懸かっておりましたよ! 素直になれない意地っ張りの性格、しかも好きになった人まで一緒という、まさに似たもの同士の二人。しかも共に友達が少ない二人は、実は心の奥底では仲良くなりたいと思っているのに、素直になれなくて意地の張り合いの応酬を繰り広げる展開がもう最高にイチャ百合していて、オレの頬も痙攣寸前です!

この作者の真骨頂といえば、言葉の掛け合いと応酬による面白さがあり、4コマ漫画としてのオチの付け方の上手さにあると思うのですが、そんな面白さを畳みかけるかのごとく連発して、言葉の掛け合いに掛け合いを重ねて、オチにオチを重ねてくる怒濤の展開がとにかく素晴らしかったです。それでいて猛烈にニヤニヤ出来る楽しさも兼ね備えており、もう文句のつけようもありません!

 

また、ヒロインみちるの可愛さも特筆すべきものがあります。感情ダダ漏れの百面相っぷりがとにかく愛らしい。怒ったり笑ったり泣いたり恥ずかしかったり。榊に対する態度だって猛烈にチョロすぎて、恋心がダダ漏れ過ぎるのも見ていて何とも微笑ましいのです。

 

その一方で、その相手方となる榊はといえば、クールでドSなメガネキャラ。ただ、みちるを前にしたときだけはその姿が微妙に変わっている訳で、人前では決して見せない笑みを見せる訳です。まぁ、その笑みは苦笑だったり、勝ち誇った笑みであったり、見下した笑みだったりと、様々な訳ですが! でも、何にせよ榊が笑いかける相手がみちるだけというのが、こうラブコメ的には最高に美味しい訳であり、この二人の関係性に最高にニヤニヤしてしまうのです。

チョロ可愛くて感情ダダ漏れのみちるを前にして、榊はホントにその気持ちに気づいていなかったのかどうか、ホントに鈍感なだけだったかどうかは定かではありませんが、そこら辺が明かされずに終わったのも妄想の余地があって楽しいところですよね。ただ間違いなく言えるのは、榊の手のひらの上でみちるはいつまでも踊らされ続けるというこの関係性はいつまでも変わらないという事であり、この二人にはその関係性が一番似合っているんじゃないかって事なんですが。

ちなみに、この作者若林先生のブログ徒然チルドレンではほぼ毎日恋愛4コマ漫画が更新されており、これを読んでノリを気に入った方ならこの漫画も間違いなく気に入る事かと思います。個人的にすごくオススメの漫画ですよ。

脱法自慰ってナニですか?『お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ』7巻

画像

『お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!!』7巻 草野紅壱 アクションコミックス

アニメの放映が終了してからもう結構経ったような気もしますが、原作漫画はまだまだ続いてますよ、まだまだ絶好調ですよ! ええ、この7巻なんてホントに面白かったんです。アニメでは登場しなかった女子大生美人家庭教師の松代先生を加えて、ドタバタのエロコメっぷりに拍車がかかっているのです。

っていうか、このオビの文句があまりにも秀逸。この7巻を説明するのにこれほど適した文句もないってなものですよ。「美人家庭教師VS妹&委員長タッグ!やれんのかっ!?」って、何がやれるんですか、やれないって言うんですか!?


ええ、下ネタ満載のエロコメであるこの漫画ですから、まぁ、決まってますよね。ナニってオナニーですよ、自慰ですよ! 美人家庭教師が家にやってきたのは良いものの、勉強に集中するためにオナ禁を言い渡される訳です。もし1週間自慰をしなかったらご褒美を上げるという餌に釣られて、気を抜かずに一発も抜かずに過ごす禁欲生活が始まるのです。

とは言っても、息をするかのごとく自慰ってきた主人公の修輔の事ですから、1週間も自慰る事なく過ごすのは拷問以上の過酷な事。っていうか、家庭教師が来る度に自慰をしたかどうかのチェックをいれられるって、それはそれで嬉しいご褒美というか、そういうプレイとしてみれば最高の出来事だというのに、自慰れないこのジレンマ。

しかし、禁自慰生活が長引いてくると精神に失調を来たしはじめ、見るも無惨な状態にどんどんなっていく訳です。その姿を見過ごせずに登場するのが我らが妹、奈緒な訳ですよ。決して自慰る事なく、自慰ることと同等の効果をあげるのに一役買う訳です。


朝、目覚めるとそこには憑き物が落ちたかのようにすっきりした修輔の姿が! まぁ、皆様ご想像通りの手段ですよね。寝てる間に触れる事なくすっきりしてしまう手段なんてこの世に一つしかありませんからね。


そうです、脱法自慰です。って、なんだそれは!

この禁自慰の世界では自分の意思とは関係なく致してしまう夢精の事を脱法自慰と言うのか! くだらない、非常にくだらないぞ、そしてくだらなさすぎて最高すぎるぞ! 自慰するとかしないとかで単行本1冊分をかけて描いてしまうこの漫画のバカバカしさが極まっていてホントに最高ですよ。

後半には久々の登場となるクラス委員の近藤も加わって、さらなる混沌の様相を見せておりドタバタっぷりにも拍車がかかっていきます。渦中の松代先生にも秘密が隠されているようで、その辺りも含めて今後とも目が離せません。そして嬉しい事に、この単行本の続きからWEBコミックアクションで読めるので、この機会にWEBで読み始めるのも良いですね。

お姉ちゃんだけど妄想さえあれば関係ないよね、『姉ログ』1巻

画像

『姉ログ』1巻 田口ケンジ サンデーコミックス

事あるごとに声を大にして言ってきましたが、妄想する女の子は可愛いと思うのです。そして、その妄想がいきすぎて、暴走して、一人空回っていく女の子であるならば、なおのこと可愛いのです。例えば、『B型H系』のヒロイン山田とか、『暴想処女』のヒロイン牧野弥生とか、『つるた部長はいつも寝不足』のヒロインつるた部長とか、妄想暴走空回り系ヒロインは大好物なのですよ。ほら、漫画的にもこういうキャラって美味しいじゃないですか。放っておくだけで勝手に転げ回った上に話も転がしてくれる訳です。そしてそんな七転八倒している姿が最高に愛おしいのです。

そして現在、そんな妄想暴走キャラ界にまた新たなヒロインが降臨してしまいました。そのキャラとは、サンデー連載中の『姉ログ』に登場するヒロイン近衛靄子その人、今度はお姉ちゃんなのです!


ヒロイン靄子はご覧の通り学校でも噂の美人キャラ。そんな、モヤ姉のモノローグによって語られていく漫画だからこそ『姉ログ』というタイトルがついている訳ですが、1話の1コマ目から出てくるモノローグが「私の弟はヘンタイである」というぶっ飛びっぷり。

幼少の頃に弟に「お姉ちゃんのお嫁さんになる」と言われた事を後生大事に心の中に刻み置きすぎて、弟は姉に求婚するような特殊性癖を持った姉萌え主義者の変態に違いないという思い込みを強め過ぎた挙げ句そこから妄想と暴走を繰り返していく訳です。そして、その止まらない暴走列車のごとく繰り広げられる妄想モノローグが最高に面白いのですよ。


弟が言った「味噌汁美味しいね」というほんの些細な一言を100倍くらいに拡大解釈して、勝手に翻弄されていくお姉ちゃんの図。ヘンタイ弟の巧みな話術に翻弄させる姉ぇぇって、自分で翻弄されている自覚はあるものの、その方向性は明らかに斜め上にずれているのがまた可笑しくも愛おしいのです。

弟が姉萌えであるという事実は完全なるモヤ姉の思い込みであり、弟はシスコン変態であると思い込んでいるモヤ姉自身の方が、実際には弟の事が気になって気になってしょうがないというトンデモブラコンお姉ちゃんだというこの事実。そしてブラコンキャラとしてモヤ姉をさらに輝かしているのは「嫌よ嫌よも好きのうち」という態度を事あるごとに見せてくれる点にあるのです!


どうです、この喜びっぷり! サッカーのオフザボールという用語を何をどう思ったのか玉なし野郎と勘違いした挙げ句に見せるこの恍惚の表情。「やめて、私に乱暴する気でしょう、エロ同人みたいに」とか言いながら、期待のまなざしを見せてしまう、モヤ姉の言動は基本このパターンなんですよね。超弩級のブラコンキャラであるモヤ姉の誘い受け芸がここに極まっているのです!

そんなモヤ姉による妄想暴走が毎回のように繰り出される6Pショート漫画。ここ最近のサンデーでは一二を争うくらいに楽しみにしている漫画であり、今後もモヤ姉の暴走に期待が高まるところであります。